Top Thunderbird >Thunderbirdベースのパーソナルツール「Spicebird Beta 0.4」ファーストインプレッション。
2008年01月14日

Thunderbirdベースのパーソナルツール「Spicebird Beta 0.4」ファーストインプレッション。

先日記事にしたOutlookライクなThunderbirdベースのパーソナルツール「Spicebird Beta 0.4」がリリースされたので使ってみました。

Thunderbirdユーザーなら違和感なく操作できるインターフェースを持ち、メール、ニュースリーダー以外に多数の機能がビルトインされている総合個人情報ツールとなっています。

「Spicebird Beta 0.4」は、こちらのページからWindows用英語版がダウンロードできます。

こちらでLinux[英語版]もダウンロード可能です。)


ソフトウェアのダウンロードが完了したら、ファイルをダブクリックし、インストールを開始します。

インストールはThunderbirdをはじめ、一般的なソフトウェアと同じように簡単に進めることができます。

セットアップ開始画面


Spicebird_0.4beta_01.JPG


規約に同意


Spicebird_0.4beta_02.JPG


スタンダード・カスタムインストールを選択
(通常はスタンダードでOK)


Spicebird_0.4beta_03.JPG


インストールディレクトリの確認


Spicebird_0.4beta_04.JPG


ファイルコピー中


Spicebird_0.4beta_05.JPG


インストール完了
(Launch Synovel Spicebird nowにチェックを入れ、FinishボタンをクリックすればSpicebirdが起動します。)


Spicebird_0.4beta_06.JPG


初回起動時には、メイン画面とThunderbirdで見慣れたアカウント設定ウィンドウが表示されます。


Spicebird_0.4beta_07.JPG


今回は試しにGmailアカウントを一つ追加してみました。

Gmailアカウントの設定はThunderbirdと同じくユーザー名、Gmailアドレスを入力するだけの簡単設定です。


Spicebird_0.4beta_08.JPG

Spicebird_0.4beta_09.JPG


初回送受信時のパスワード入力画面


Spicebird_0.4beta_10.JPG


アカウント設定が完了したメイン起動画面


Spicebird_0.4beta_11.JPG


ご覧の通り、メイン画面は[Home]というタブを選択した際に表示されます。

デフォルトでは常にこの[Home]が開くようになっています。

[Home]には、RSSフィードリーダーや世界時計、スケジュール、メッセージなどをお好みで配置できるようになっています。


Spicebird_0.4beta_21.JPG


タブを[Mail,News]に切り替えてみましょう。

ほぼThunderbirdそのままのメーラー画面が表示されます。


Spicebird_0.4beta_12.JPG


[Contacts]タブをクリックするとアドレス帳が表示されます。


Spicebird_0.4beta_13.JPG


ここには、Spicebirdオリジナルの機能であるインスタントメッセンジャーのコンタクトリストも表示されます。

IMを利用するには、ツールバーの[Instant Message]ボタンをクリックし、ウィザードを起動します。


Spicebird_0.4beta_15.JPG


ウィザードでは、Google Talk、またはJabberのアカウントが登録できるようになっています。


Spicebird_0.4beta_16.JPG


Spicebird_0.4beta_17.JPG


Spicebird_0.4beta_18.JPG


IMアカウントの登録が完了すると、オプション画面の[IM]部分にアカウントが表示され、以降[Instant Message]ボタンをクリックすれば別窓でインスタントメッセンジャーが開始されるようになります。


Spicebird_0.4beta_19.JPG


Spicebird_0.4beta_20.JPG


[Carendar]および[Task]タブに切り替えると、Lightning(Sunbird)と同機能のカレンダーが表示され、スケジュール管理やタスク管理が行えます。


Spicebird_0.4beta_14.JPG


SpicebirdにはThunderbirdと同じくアドオンの追加ができますが、現時点では「Provider for Google Calendar」が未対応のため、残念ながらGoogle カレンダーとの同期はまだできません。

カレンダーの新規スケジュール追加ウィンドウなどは、Lightning0.7に近いものととなっています。


Spicebird_0.4beta_22.JPG


オプション画面や設定項目もThunderbordにほぼ準拠していますので、英語版であってもThunderbird+Lightningユーザーならほぼ直感で使うことができるでしょう。

まだ対応しているものがあるかどうかわかりませんが、アドオンやテーマの追加インストールもThunderbirdと同様に行えます。

0.4という低いバージョンでのテストですのでまだ何とも言えませんが、Outlookっぽく使えることは確かです。


ちなみに、Mozilla系からの派生ソフトによくあるプロファイル管理についてですが、今回のSpicebirdはThunderbirdとプロファイルを共用しません、インストールした時点で新規に専用プロファイルが作成され、Thunderbirdとの同時起動も可能です。

また、Thunderbirdと同じく、スタート→ファイル名を指定して実行にSpicebird.exe -pで新規プロファイルの作成や切り換えを行うこともできます。

各機能の連携面などがまだ未知ですが、Thunderbirdユーザーとしては日本語化が可能でOutlookから乗り換えられる出来になることを期待しています。

Spicebird Beta 0.4 Release Notes
ダウンロード:Spicebird Beta 0.4(Win・en)
ダウンロード:Spicebird Beta 0.4(Linux・en)


<関連記事>

■Outlookライクな機能を備えたThunderbirdベースのソフトウェア「Spicebird」が近日リリース。

■次期Thunderbordのタブ機能を搭載した「Eudora 8.0.0b2」のテストとプロファイル切り換え方法。

■ Thunderbirdにカレンダーを追加「Lightning」

■「Lightning」にGoogle カレンダーを同期させる「Provider for Google Calendar」

ソニーのブログパーツ「FLO:Q」


セキュリティソフト買うなら特価な今!


posted by moziller at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Thunderbird



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。