Top Mozilla情報 >Mozillaのオンラインサービス「Weave」をFirefox 3 Beta2で試してみました。
2007年12月24日

Mozillaのオンラインサービス「Weave」をFirefox 3 Beta2で試してみました。

weave-logo.jpg


オンラインサービスを使ってWeb環境さえあればあらゆることができるようになっていますが、Mozillaもこの分野に進出する準備を進めています。

先日Mozilla Labsから公開された「Weave」は、クライアントを選ばずオンラインにさえなればあらゆる環境から自分のデータにアクセスできるというサービスです。

「Weave」は、次期Firefox 3に対応するサービスで、先日リリースされたFirefox 3 Beta 2にも対応しています。

概念としては、Firefoxにインストールされた専用のアドオンでお使いのFirefoxのユーザーデータ(ブックマーク・履歴・パスワード・クッキーなど)をMozillaのサーバーに送信し、たとえば他のPC、携帯電話、ラップトップなどから同じ環境をいつでも再現(同期)できるというものです。


services-overview-v1.png


他のPCから同じ環境を利用しても、そのPCにはあなたの情報や履歴は残らず、サーバーに保管されます。

たとえばネットカフェなどから自分のFirefox環境を使っても、痕跡は残さないというわけですね。


利用するに「Weave」へのユーザー登録とアドオンのインストールが必要です。

こちらのページにて、メールアドレス、任意のパスワード、認証文字などを入力して”Create Account”ボタンを押します。


mozilla_labs_weave_01.JPG


次にアドオンのインストールを促す画面が表示されますので、ここで”Install Now”をクリックすればアドオンのインストールが開始されます。


mozilla_labs_weave_02.JPG


mozilla_labs_weave_04.JPG


mozilla_labs_weave_05.JPG


しばらくするとサービスから認証のメールが到着しますので、本文内のURLをクリックすれば認証完了です。


mozilla_labs_weave_03.JPG


なお、現在のところパスワード忘れの再送信機能が有効になっていますので、パスワードは忘れないようにしてください。

アカウント作成、アドオンのインストールが完了したら、Firefox 3 Beta 2を再起動してみましょう。

ステータスバーに以下ようなアイコンが表示され、これをクリックすることによりメニューが表示されます。


mozilla_labs_weave_06.JPG


メニューから、Sign In・・をクリックすると、セットアップウィザードが開始されますので、”次へ”をクリックします。


mozilla_labs_weave_07.JPG


次の画面では、現在のブックマークをローカルにバックアップすることができます、必要ならば”Back Up Bookmarks”ボタンを押してマイドキュメントなどのわかりやすい場所のブックマークを保管し、”次へ”


mozilla_labs_weave_08.JPG


次の画面では先ほど作成したアカウントの認証を行います。

ユーザー名(登録したメールアドレス)、パスワードを入力し、次の”Encryption Passphrase”欄に、暗号化のためのパスフレーズを入力します。

*パスフレーズパスワードと違うものでなければなりません。


mozilla_labs_weave_09.JPG


認証が完了したら、ステータス表記が”Status:Account Verified”に変わりますので”次へ”をクリックします。


mozilla_labs_weave_010.JPG


次の画面で[Perform Initial Transfer]ボタンをクリックすれば、現在のFirefox 3 Beta 2のユーザーデータがMozillaのサーバー送信されます。


mozilla_labs_weave_011.JPG


ステータスが”Stetus:Transfer Complete”に変われば送信完了です。

これでセットアップは完了です。ウィザードの”完了”ボタンをクリックして閉じてください。


mozilla_labs_weave_014.JPG


「Weave」のページに戻って、[Sign in to weave]ボタンをクリックし、ユーザーIDとパスワードを入力してみましょう。

あなたのデータ格納状況がディレクトリ形式で表示され、その中にブックマークなどのデータがあればきちんと送信されていることになります。


mozilla_labs_weave_016.JPG


これで、外出先などで他のPCにFirefox 3と、「Weave」アドオンさえ入れればあなたのいつもの環境が再現され、ストレス無くブラウジングでき、その情報はサーバーに保持され、同期されるようになります。


また、アドオンのオプション設定は、Firefoxのオプション画面に統合されており、同期設定やログの確認などを行うことができます。

(現状ではデフォルトのままの設定で問題ないと思います。)


mozilla_labs_weave_015.JPG


現在のバージョンでは、ブックマークと履歴しか同期できませんが、今後全てのFirefox情報や、その他のデータも同期できるようになる予定です、また、サービスのイメージ画像にもあるように携帯端末などとも融合されたり、情報を他のユーザーと共有したりすることができるようになるのもそう遠いことではないでしょう。

オンライン環境さえあれば、いつものMozilla製品をいつもと同じような環境で安全に利用できるこのサービス。進化すればとてつもなく便利になることでしょう。

興味のある方は、Firefox 3 Beta 2をインストールして新規プロファイルを作成して試してみてください。



Weave

ダウンロード:Weave(Firefox 3 Beta 2用アドオン)


<関連記事>


■「Firefox 3 Beta 2」 各国語版リリース。900の改良を加えさらに安全に、軽快に!

■「Firefox 3.0 Beta1」(日本語版)がオフィシャルリリースされたので使ってみました。

ソニーのブログパーツ「FLO:Q」


セキュリティソフト買うなら特価な今!
posted by moziller at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mozilla情報



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Weave - My Firefox をいつでもどこでも
Excerpt: Mozillaがまた一つ、「Weave」という新しい試みを開始した。12月21日にMozilla Labsで公開されたこのサービスは、Firefoxのメタデータをオンライン上に保存し、他の場所からF..
Weblog: SCREAMO
Tracked: 2007-12-29 20:20