Top Firefox拡張機能(アドオン) >開いているタブやFirefoxのあらゆる情報を瞬時に消すことができるアドオン「hideBad」
2007年12月20日

開いているタブやFirefoxのあらゆる情報を瞬時に消すことができるアドオン「hideBad」

Firefoxは履歴をはじめ、最近閉じたタブやパスワード情報、フォーム情報など様々なデータが記憶できるようになっています。

こういった情報をキープしてくれるのは非常に便利なものですが、逆に考えればユーザーがどんなサイトを閲覧して、どんなキーワードで検索しているかなどが第三者にばれてしまう可能性も含んでいます。

そういったことの無いように、Firefoxオプション設定にはこういった”プライバシー情報の消去”という項目がありますが、とっさの時には手間がかかりますね。

”とっさの時”というのがどんな時なのかはともかく、こういった情報を素早く消すためのアドオン「hideBad」を入れておけばもう安心です。

「hideBad」は、こういったプライバシー情報をボタン一つで瞬時に消去できる、日常的な情報のクリアを簡単にするのはもちろん、一時的にタブを閉じてもまた復活させることができるなど”ボスが来た”系ツールのような機能も持っている拡張機能です。

このツールで消すことができる項目は以下のようになっています。

(オプション設定に表示されている項目を上から順に記載)

■履歴
■最近閉じたタブの一覧
■フォーム入力情報
■パスワード
■ダウンロード履歴
■クッキー
■キャッシュ
■サーチバー

インストールしたら、ツールバーに専用のボタン hidebad_00_firefox_add-ons.JPG を追加しましょう。

次にオプション設定にて、ワンボタンで消したい項目などをセッティングします。


hidebad_01_firefox_add-ons.JPG


このアドオンは、タブに限り消すだけでなくリカバリ(復活)もできるようになっています。

オプション画面の”Tab Recovery System”部分の”Save tabs on・・”にチェックを入れておけば、ツールバーボタンを右クリックしてRecover Tabsを選択するだけでタブの状態を元に戻すことができます。


hidebad_02_firefox_add-ons.JPG


*この項目にチェックをいれておいて実行した場合、すべてのタブが閉じられ、Firefoxのスターとページに設定してあるページだけがタブで開きます。

また、同設定部分の”Password Protect・・”部分にチェックをいれておけば、パスワードを入力しないとタブが復旧できないようにできます。


hidebad_03_firefox_add-ons.JPG


このタブ関連の機能は"hidebad"のbadの通り、閲覧中ページを誰かに見られると”具合が悪い”場面を想像させます。

タブの復旧はともかく、他の情報は消したら元に戻すことができませんので、Password部分などのチェックには注意してください。

プライバシー情報の消去と”ボスが来た”ツールを合わせたようなアドオンですね。


ダウンロード:hidebad(Firefox Add-ons)


<関連記事>


■Firefox用のボスが来た!系ソフト。

■情けないページタイトルが表示されているFirefoxのタブもリネームすればもう安心。「TabRenamizer」

■ページタイトルを消してくれる拡張機能「Page Title Eraser」

■タブバーを自動的に隠したり、任意キーで出し入れできる「Hide Tab Bar」

ソニーのブログパーツ「FLO:Q」


セキュリティソフト買うなら特価な今!





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。