Top Firefox拡張機能(アドオン) >特定のサイトへのアクセス禁止をスケジューリングできる「LeechBlock」
2007年08月09日

特定のサイトへのアクセス禁止をスケジューリングできる「LeechBlock」

YouTubeなどの動画サイトや各種BBS、ソーシャル系サイトなど、閲覧し出すとなかなか止まらない楽しいサイトがWebには多数存在します。

それらのサイトを閲覧すること自体はなんら問題ありませんが、それが仕事中や何か他の業務を行っている最中だったら能率ダウンにもなりかねませんね。

自宅でPCを使って仕事中に、楽しいサイトの案内のニュースがRSSティッカーで表示されたらついアクセスしてしまいませんか?

そこで誘惑に負けてアクセスしてしまうと仕事の手は止まってしまいます。

そういったサイトには、せめて仕事中だけでもFirefoxではアクセスできないように「LeechBlock」という拡張機能を導入してみましょう。

「LeechBlock」は、ユーザーが指定したURLに、曜日、時間を指定してアクセスできなくすることができるスケジュール型サイトアクセスブロック機能を持った拡張機能です。

インストールしたらまずはブロックするサイトとその曜日、時間帯を指定しましょう。

たとえば、仕事のある月曜から金曜の9時〜12時、13時〜17時までYouTubeへのアクセスをブロックするには下のように設定します。


leechblock_01.jpg


設定中の曜日、時間帯に指定サイトへアクセスしようとしても、画面にはこのようにブロックされている旨が記載されたページが表示されるだけで、コンテンツは表示されません。


leechblock_02.jpg


仕事そっちのけでWebにはまるのを自制するアドオンと言えますね。

設定画面の”General”タブで「LeechBlock」オプションへのアクセスパスワードの設定などもできます、パスワード設定をしておけばパスワードを知らない人はオプション画面からサイトを消したり設定変更をすることができません。


leechblock_03.jpg


会社のFirefoxや遊んでばかりの部下のFirefoxに入れておけば仕事に集中させることができるかもしれない拡張機能です。

<関連記事>

■有害サイトを簡単ブロック「FoxFilter」

■表示させたくないサイトはブロック!「BlockSite」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。