Top Mozilla情報 >Mozillaの特定Webサービス専用ブラウザ「WebRunner」リリース。
2007年08月01日

Mozillaの特定Webサービス専用ブラウザ「WebRunner」リリース。

最近ではWebベースでメール、オフィスツール、予定表、バンキングなど、何でもできるようになっていますね。

それらのサービスをブラウザのブックマークなどからアクセスして利用するのは当然なのですが、今回Mozillaがリリースしたブラウザは、それら個々のWebサービス専用として使えるものです。

FirefoxベースのWebアプリ専用ブラウザ「WebRunner」は、Firefoxからあらゆる機能を省略し、各Webサービス専用として起動できるブラウザです。

用途としては、ネットバンキング専用ブラウザ、Gmail・Google カレンダーなどのツール個々に絞ったブラウジングなどとなります。

Firefoxベースとはいえ、そのツール専用なので必要ない機能は省かれ、場合によっては単なる窓と言ってもいいほどシンプルな作りです。

例えば、現在リリースされているバージョン0.5では以下のWebアプリが使えるようになっています。(Win・Mac・Linux対応)

Gmail

Google Calendar

Google Docs & Spreadsheets

Google Groups

インストール時に利用するアプリを選択できるようになっており、インストール後にはそれぞれ個別にアイコンが作成され、それらをダブルクリックして起動すれば各Webアプリが一つの窓でブラウジングできるようになっています。


webrunner_01.jpg


webrunner_02.jpg


たとえば、Gmailを起動するとこのようにシンプルな画面でいつものようにGmailを操作することができます。


webrunner_03.jpg


ブラウザ?にはボタン類は一切無く、戻る・進む等の作業はマウスボタンなどで行うことになります。

Google Docs & Spreadsheets起動例


webrunner_04.jpg


このGoogleアプリを例にすれば、メールだけすぐに確認したい、ドキュメントをすぐに参照したいという場面でもFirefoxのようないつものブラウザを開くことなくアイコンをダブルクリックするだけですぐに単独ツールにアクセスできるのが便利です。

まるでそれだけがローカルソフトとして存在するような感じです。

Webサービスが氾濫する今、重要なサービスやツールはこのように単独で起動できるほうが利便性、安全性はアップするのかもしれません。
posted by moziller at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla情報



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49926233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック