Top Firefox拡張機能(アドオン) >【Firefox 55.0】リリース。
2017年08月08日

【Firefox 55.0】リリース。

Firefox 55.0がリリースされました。

本バージョンでは、ブラウザだけでVRを体験できる「WebVR 1.1」への対応(64ビット版)をはじめ、様々なパフォーマンス向上のための改良が行われています。

すでにFirefoxをご利用の方には自動更新の提供が開始されており、ヘルプメニューよりアップデートすることが可能となっています。


01_Firefox 55.0+1.jpg


Firefox 55.0での主な変更・修正点は以下の通りです。

■64ビットWindows版で「WebVR 1.1」に対応。

■Windows 10 Anniversary EditionでハードウェアVP9アクセラレーションが有効に。これにより、バッテリ寿命の延長やCPU使用率が低下しました。

なお、オプション→一般に「パフォーマンス」セクションが追加されています。


04_Firefox 55.0.JPG


■ページの読み込み、およびタブの切り替えが高速に。

■2GBのRAMを搭載した64ビットシステムへ64ビットバージョンがデフォルトでインストールされるようになりました。

■ロケーションバーから現在検索バーで選択されている検索エンジンを使った検索が可能に。


03_Firefox 55.0.JPG


■ロケーションバーにホストアドレスを入力すると、可能な限り[https]でアクセスするようになりました。

■ブックマーク、履歴、および同期されたタブがサイドバーで閲覧可能に。

*これにより、Omini sidebarやAll in one sidebarなどを利用している方はサイドバーが正常に動作しなくなると思います。その場合、サイドバー系のアドオンを無効化、または削除し、ツールバーカスタマイズから純正のサイドバーボタンを設置することで同じような使い方ができると思います。

■WebRTCを使用したステレオマイクをサポート。

■リーダーモードから印刷が可能に。

■OS X:カスタムキーボードショートカットを割り当てることが可能に。

■多数のタブを含むブラウジングセッションの復元を高速化。

■ウェブページのスクリーンショットを作成し、ローカル保存またはクラウドにアップロードする機能を追加。(一部テストユーザー向け)該当者のツールバーにはハサミの形をしたボタンが追加されるはずです。

■ベラルーシ語(be)ロケールの追加。

■Adobe FlashプラグインをデフォルトでClick-to-Playに設定し、Flashをhttpとhttpsのページに制限。

なお、この変更はリリースの2週間後にユーザーの5%、リリース後1か月でユーザーの25%、リリースの6週間後にユーザーの100%という具合に適用されていくようです。

■WebExtensionsのアクセス許可システムの追加。

パーミッションを必要とするアドオンインストール時、および新しいアクセス権が要求された場合の更新時表示されます 。


02_Firefox 55.0.JPG


そのほかにもUIや開発者向け機能に関する修正などが行われています。


リリースノート(en)


今回のアップデートは割と新機能や変更点が多く、パフォーマンスの向上ははっきりと体感できるかと思います。ただし、ほとんどのアドオンには「旧式」と表示され、場合によっては正常に動作しなくなる可能性もありますのでご注意ください。


ダウンロード:Firefox 55.0(mozilla.org)


<関連記事>


■【Firefox 54.0】リリース。

posted by moziller at 20:17 | Comment(0) | Firefox拡張機能(アドオン)



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。