Top 雑記帳 >マイクロソフト Windows 7/8.1ユーザーに「Get Windows 10 アプリ」を配布。
2015年06月01日

マイクロソフト Windows 7/8.1ユーザーに「Get Windows 10 アプリ」を配布。

この夏7月29日にリリースが予定されているMSの新OS「Windows 10」。

このWindows 10は、現在Windows 7 SP1、Windows 8.1 Update、Windows Phone 8.1を正規利用しているユーザーに対し、期間限定で無料アップグレードが提供される予定となっており、多くのユーザーがその最新OSに興味を持たれていると思います。

この無料アップグレード対象ユーザーに対し、マイクロソフトは「KB3035583」アップデートにて、本日からWindows 10へのアップグレード予約が可能となる「Get Windows 10 アプリ」をタスクバーの通知領域に表示させています。

対象となるユーザーの通知領域には、専用のアイコン 01_Windows 10 update.JPG が表示され、これをクリックすることで、予約アプリが起動するようになっています。


02_Windows 10 update+1.jpg


画面内ではアップデートの手順が解説されているほか、→をクリックすることでWindows 10の新機能をスライド表示で確認することも可能です。


03_Windows 10 update+1.jpg


Windows 10へ確実に無償アップグレードしたいという方は、この画面内の「無料アップグレードの予約」というボタンをクリックすれば予約ができるようになっています。


04_Windows 10 update+1.jpg


予約完了後の画面でメールアドレスを入力し、「確認を送信」をクリックすれば、予約の確認をメールで受け取ることも可能です。


05_Windows 10 update+1.jpg


06_Windows 10 update+1.jpg


Windows 10がインストールできる準備が整うと、通知領域にポップアップ通知が表示されますので、その通知をタップまたはクリックし、画面の指示に従うか、都合のよい時間にアップグレードをインストールするようスケジュールを設定すれば、スムーズにアップグレードができるようになるとのことです。

なお、マイクロソフトでは、Windows 10の情報や「Get Windows 10 アプリ」の使い方などに関する公式ページも公開していますので、さらに情報が欲しい方や、「Get Windows 10 アプリ」が表示されないという方は、こちらで詳しい情報を入手してください。


<関連記事>


■Windows 7でFirefox 4のタスクバープレビューやジャンプリスト機能をカスタマイズする方法。

■ウェブページに記述されているWindowsレジストリを素早く開くことができるFirefoxアドオン「Open RegEdit Key」

■UbuntuとWindowsのデュアルブート環境で、WindowsのFirefoxプロファイルをUbuntuで利用する方法。

■【Internet Explorer 10 Windows 7 Preview】リリース。

posted by moziller at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。