Top Firefox拡張機能(アドオン) >ホワイトリストに登録されたサイト以外ではJavaScriptの実行を許可しないようにできるFirefoxアドオン「NoScript Lite」
2015年04月28日

ホワイトリストに登録されたサイト以外ではJavaScriptの実行を許可しないようにできるFirefoxアドオン「NoScript Lite」

多くのサイトでは、ウェブページを開くだけで広告やアニメーションなど様々なJavaScriptが実行されるようになっています。

こうしたJavaScriptのほとんどは、閲覧者になんら悪影響を及ぼすものではありませんが、一部には何らかの悪意を持ったものや、実行することでPCに負担をかけてしまうものも存在します。

このようなJavaScriptの読み込みを嫌うFirefoxユーザーなら、aboout:configにて[javascript.enabled]の値を[false]にすることで、全てのjavascriptを遮断することができますが、必要時に毎回設定を変更するのも面倒ですね。

Firefoxに「NoScript Lite」というアドオンをインストールしておけば、このJavaScriptの実行設定を常時無効にし、ホワイトリストに登録されたサイトだけで実行を許可するということができるようになります。

アドオンをインストールすると、デフォルトでホワイトリストに登録されているサイト以外で全てのJavaScriptがブロックされるようになり、そのブロック件数がツールバーボタン 01_NoScript Lite Firefox Add-ons.JPG 上に表示されます。

このボタンをクリックすると、アクティブページのURLが上部に入力された状態のホワイトリストパネルが表示され、ここで+ボタンをクリックすることで、任意のサイトをホワイトリストへ登録できるようになっています。


02_NoScript Lite Firefox Add-ons.JPG


*入力欄に手入力でアドレスを記述し、登録することも可能です。

デフォルトではメジャーサイト50件ほどが登録済みとなっており、ここに登録されたサイトでは全てのJavaScript実行が許可されます。

*各リスト右端の[×]ボタンをクリックするとリストから削除することができます。

*最下部の緑の丸ボタンをクリックすると、アドオンの機能を一時停止し、すべてのサイトでJavaScriptを実行できるようになります。

このように、ただインストールするだけで、ホワイトリストに登録されていないサイトで全てのJavaScriptをブロックし、任意で許可指定したサイトだけで実行させることができるようになるというアドオンです。

よくわからないJavaScriptは基本的にブロックしておきたいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:NoScript Lite(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■Firefox 23でJavaScriptを無効にする方法。

■JavaScriptによって無効にされている右クリック禁止を解除できるFirefoxアドオン「RightToClick」

■JavaScriptの挙動を細かく調整できるFirefoxアドオン「Controle de Scripts」

■ステータスバーでproxy/javascript/cookieのON・OFFができるFirefoxアドオン「QuickToggles」

■javascriptの警告・確認ダイアログをブロックできるFirefoxアドオン「AlertStopper」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418084337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック