Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >メッセージ送信者を自分のアドレス帳から引用した名前で表示できるThunderbirdアドオン「Sender Name」
2015年02月07日

メッセージ送信者を自分のアドレス帳から引用した名前で表示できるThunderbirdアドオン「Sender Name」

携帯電話やスマートフォンでメールを受信すると、相手方の設定がどうであれ、送信者名は自分のアドレス帳に登録してある名称で表示されるようになっています。

しかし、PCメールの場合、相手がメーラーに設定した表示名が優先して表示されるため、こちらがアドレス帳にどのように記載していようとも先方が設定した表示名で表示されるようになっています。

人によってはニックネームやハンドルネーム的なものを登録している場合も多く、そうした表示名では一目で誰からのメールかがわかりにくいと感じることも多いのではないでしょうか。

Thunderbirdに「Sender Name」というアドオンをインストールしておけば、この受信メールの表示名を、自分のアドレス帳に記載している名称で表示させることができるようになります。

デフォルトの場合、たとえばメーラーに[moziller]と名前を設定している方からのメッセージを受信すると、たとえこちらのアドレス帳の表示名欄に[テストさん]と記入していてもスレッドには[moziller]と表示されます。


01_Sender Name Thunderbird Add-ons+1.jpg


「Sender Name」インストール後は、これが自分のアドレス帳に準じた[テストさん]でわかりやすく表示されるようになります。


02_Sender Name Thunderbird Add-ons+1.jpg


オプションでは、この表示カラムを増やしたり、アドレス帳のどの属性をスレッド部に表示するのかなどを設定することができます。


03_Sender Name Thunderbird Add-ons+1.jpg


たとえばカラム一覧で[新規]をクリックして表示カラムを増やし、アドレス帳の属性部で電話番号を選択すると、スレッド右端の表示カラム選択部に電話番号が表示されるようになります。


05_Sender Name Thunderbird Add-ons.JPG


06_Sender Name Thunderbird Add-ons.JPG


ここにチェックを入れることで、スレッド部に電話番号を表示させるなどといったことも可能です。


04_Sender Name Thunderbird Add-ons+1.jpg


これにより、相手の設定にかかわらず、どの会社の誰がメッセージを送ってきたのかなどを瞬時に判別できるようになるというわけです。

オプションではその他にも、表示フォーマットの設定などができるようになっています。


07_Sender Name Thunderbird Add-ons+1.jpg


08_Sender Name Thunderbird Add-ons+1.jpg


このように、PCメールの表示名を簡単にカスタマイズすることができるようになるというアドオンです。

Thunderbirdのアドレス帳に多くのアイテムを登録されている方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Sender Name(Add-ons for Thunderbird)


<関連記事>


■Gmailで受信したメッセージの送信者名表示をアドレス帳に登録してある名前で表示するGreasemonkeyスクリプト「DisplayName gmail」

■送信者のアドレスと違うドメインの宛先を記入すると警告を発してくれるThunderbirdアドオン「Highlight External Addresses」

■Thunderbirdのアドレスサイドバーにより多くの項目を表示することができるアドオン「Custom Address Sidebar」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック