Top Firefox拡張機能(アドオン) >ページ上のテキストをハイライトしていつでも呼び出すことができるFirefoxアドオン「Highlightor」
2014年11月14日

ページ上のテキストをハイライトしていつでも呼び出すことができるFirefoxアドオン「Highlightor」

ウェブサイトを閲覧中、この部分は重要なので後からチェックできるようにしておきたい、というような場面があります。

こんな時でもFirefoxなら、テキストをハイライトすることができるアドオンを使うことで、本にマーカーを引くような感じで重要箇所をすぐに見つけ出すことができるようになります。

しかし、こうしたアドオンの多くは、ページをリロードさせたらハイライトが消えてしまったり、そのセッションだけでしかハイライトが有効にならないようなものも多く、後日見直すなどといった使い方に向いていないものもあります。

そこで今回は、そんなハイライト系アドオンの中から、ハイライトした箇所をユーザー自らがリセットするまで保持し、ページへアクセスするだけでいつでもハイライト箇所を呼び出すことができる「Highlightor」というものをご紹介したいと思います。

「Highlightor」は、簡単なショートカットでページ上の任意のテキストをハイライトし、それをいつでも呼び出すことができるようになるというものです。

アドオンをインストールすると、ページコンテキストメニューに[Highlightor]という項目が追加されます。


01_Highlightor Firefox Add-ons.JPG


このメニュー以下から[Enable]をクリックすると、そのページ上でハイライト機能を有効にすることができます。

有効後に目的のテキストを選択し、キーボードの[h]を押すことで、その箇所をハイライトさせることができます。


02_Highlightor Firefox Add-ons.JPG


このハイライトはリロードやFirefoxの再起動によっていったんクリアな状態となりますが、必要時に再度[Enable]を実行すると、過去にそのページに引いたハイライトを再現させることができるようになっています。

なお、ハイライト箇所をX+クリックすることでハイライトの削除、メニューから[Clean]を実行することでそのページのハイライトを全てクリア、[Reset]を実行することで、全てのページで保存されているハイライトを削除することができます。

ハイライト箇所が保持できるアドオンが欲しいと思っていた方は、試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Highlightor(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■登録した複数のキーワードをどのページでもハイライト表示させることができるFirefoxアドオン「Vocabulary Highlighter」

■任意のキーワードを指定ページ上で常にハイライトさせることができるGreasemonkeyスクリプト「Text Highlighter」

■複数キーワードのハイライトを検索窓内で個別に実行できるFirefoxアドオン「SearchWP」

■選択テキストにハイライトマーカーを付けることができるFirefoxアドオン「TextMarker Go」

■セットしたフレーズが含まれるリンクやテキストをハイライトすることができるFirefoxアドオン「Link Stalker」






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。