Top Firefox拡張機能(アドオン) >YouTubeで利用するプレーヤーを選択することができるようになるFirefoxアドオン「YouTube Flash Video Player」
2014年10月21日

YouTubeで利用するプレーヤーを選択することができるようになるFirefoxアドオン「YouTube Flash Video Player」

最近のYouTube動画では、ほとんどの場合HTML5プレーヤーが選択され、動画をプラグイン無しで楽しむことができるようになっています。

しかし、このHTML5プレーヤーよりFlashのほうが高画質を選択できる動画も数多く存在することや、HTML5プレーヤーではCPU使用率が高くなるなどの理由から、以前のようにFlashで視聴したいというユーザーも少なく無いのではないでしょうか。

そんな方は、[https://www.youtube.com/html5]へアクセスすることで、YouTubeのデフォルトプレーヤーをFlash/HTML5から選択して指定することもできますが、ブラウザ自体にはこのような機能は用意されておらず、変更の必要が生じるたびにこのようなサイトへアクセスしなければなりません。

また、ここで切り替えを行ってもクッキーの消去などで設定が変わってしまうこともあるなど、プレーヤーの切り替えをスマートに行うのは難しいですね。

Firefoxに「YouTube Flash Video Player」というアドオンをインストールしておけば、こんな時でも簡単にYouTubeのプレーヤーを切り替えることができるようになります。

アドオンをインストールすると、ツールバーに専用のボタンが設置され、このボタンをクリックすることでYouTubeのプレーヤーをFlashにするかHTML5にするかを選択し、適用することができるようになります。


01_YouTube Flash Video Player Firefox Add-ons.JPG


*アドオンインストール直後はデフォルトでFlashプレーヤーが選択されるようになっています。

これにより、面倒な切り替え操作を行うこと無く、Flashで高解像度のビデオを視聴することができるようになるというわけです。

常にFlashでフルHD動画を楽しみたいという方や、動画に応じてプレーヤーを切り替えることがあるという方は、インストールしておいてはいかがでしょうか。


ダウンロード:YouTube Flash Video Player(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■HTML5動画をフルスクリーン表示する際に出る警告を非表示にするFirefoxアドオン「Disable HTML5 Fullscreen Alert」

■YouTubeなどの動画サイトでFlash/HTML5動画の自動再生をブロックできるFirefoxアドオン「FlashStopper」

■HTML5ビデオ/オーディオをループ再生することができるようになるFirefoxアドオン「Media Loop」

■YouTubeでHTML5動画の自動再生を無効にすることができるFirefoxアドオン「Stop Tube HTML5」

■各ブラウザでYouTube動画のプレーヤーサイズをウィンドウサイズに応じて可変させる方法。

■YouTubeのプレーヤーを高機能な[JW Player]に置き換えるGreasemonkeyスクリプト「Better, enhanced YouTube alternative player - JW Player」

■Flash Playerを使わずにYouTube動画を再生できるGreasemonkeyスクリプト「ViewTube」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。