Top Firefox拡張機能(アドオン) >ユーザーの情報を暗号化してブラウジングできるウェブサービス「ZenMate」
2014年10月03日

ユーザーの情報を暗号化してブラウジングできるウェブサービス「ZenMate」

PCやモバイル端末でウェブサイトをブラウジングすると、ほぼ確実にあなたのプライバシーの一部が送信されるようになっています。

これにはIPアドレスや利用しているOS、アクセスしている地域やプロバイダなど様々な情報が含まれており、住所や氏名など具体的な個人を特定するような情報が含まれているわけではないとはいえ、あまり気持ちのいいものではありませんね。

また、こうした情報は悪意のあるサイトにで流れる可能性も皆無ではありません。

このように、決して安全ではないウェブブラウジングを、少しでも安心して実行できるようにと立ち上げられたウェブサービスが「ZenMate」です。

「ZenMate」は、ウェブブラウジングを実行する際、ユーザーから送信されるIPアドレスなどの様々な情報を独自のVPN通信を使って暗号化し、プライバシーを守ることができるようになるというものです。

サービスはFirefoxアドオンをはじめ、Google Chrome、Operaといった代表的なブラウザ拡張、およびiOSやAndroidアプリとして提供されるようになっており、たとえばFirefoxの場合、専用のアドオンをインストールして認証を行うだけで利用できるようになっています。

アドオンは現在AMOからは提供されておらず、Firefoxで「ZenMate」のオフィシャルサイトにアクセスし、表示される[Add ZenMate]ボタンをクリックすることでインストールできるようになっています。

アドオンインストール完了後に開く専用のページ内でメールアドレスを記入し、[Get secured now]ボタンをクリックすることでパスワードが発行され、利用が開始できるようになります。


01_ZenMate Firefox.JPG


上記作業が完了すると、ツールバーの専用ボタン 03_ZenMate Firefox.JPG が緑に変化し、セキュアなブラウジングができるようになります。

ボタンをクリックして開くパネル内では、現在の通信状態が確認できるようになっています。


04_ZenMate Firefox.JPG


たとえば見本の場合、日本のユーザー(自分)が香港のサーバーを介してネットにアクセスしていることを示しています。

この国旗部分をクリックすると、ロケーションの変更ができるようになっており、たとえばロンドンやニューヨークからのアクセスであるように装うことも可能です。


05_ZenMate Firefox.JPG


06_ZenMate Firefox.JPG


これにより、情報を暗号化するだけでなく、たとえばPandoraのように特定の国からのアクセスでなければ利用することができないようなサイトも閲覧することができるというわけです。


07_ZenMate Firefox+1.jpg


このように、設定などを一切行うこと無く、セキュアなブラウジングを行うことができるようになるというサービスです。

なお、PC版の場合特に利用制限などはありませんが、モバイルOS版の利用可能データ量は500MBまでが無料となっており、それ以上の通信には別途有償サービスへの加入が必要となっています。

いくつかのサイトで試したところ通信速度が極端に遅くなる場合もありましたが、プライバシーを守りたい、アクセス国を偽装したいというような方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ZenMate


<関連記事>


■ボタン一つでIPを偽装してブラウジングを行うことができるFirefoxアドオン「Stealthy」

■Firefoxのロケーションバーに接続サーバの位置を国旗アイコンで表示してくれるアドオン「Flagfox」

■ユーザーエージェントを偽装することができるFirefoxアドオン「User Agent RG」

■サイト側に知らせるuserAgent情報を簡単に偽装することができるFirefoxアドオン「Blender」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。