Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >Thunderbirdのデフォルトメッセージソートを指定することができるアドオン「SortPref」
2014年09月15日

Thunderbirdのデフォルトメッセージソートを指定することができるアドオン「SortPref」

Thunderbirdのメッセージは、上部の件名や差出人、送信日時などのバーをクリックすることで並べ替えることができるようになっています。

しかし、この並べ替えにより変更された順序は、次回以降の起動時にも反映されることから、終了前にいつもの並び替え方法に戻しておかなくてはなりません。

普段は日付順に並べているのに、何かの必要があって件名順にし、次回起動時に件名順でスタートしてしまって見にくかったというような経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

Thunderbirdに「SortPref」というアドオンをインストールしておけば、このように様々な方法でメッセージを並べ替えた際でも、次回以降は自動的にいつものパターンで並べ替えて起動するよう設定することができるようになります。

「SortPref」をインストールしたら、まずはオプション設定を開き、並べ替え方法の初期設定を行う必要があります。


01_SortPref Thunderbird Add-ons.JPG


オプション画面内では

■初期状態の並び順:昇順 降順
■初期状態の並べ替え条件:リストから日付、タグや添付ファイルの有無などを選択できます。

■スレッド表示:ノーマル表示 グループごとに並べ替え スレッド表示
 ○スレッド表示のときは全て展開する。

といった設定ができるようになっており、これらを指定しておくことで、作業中に並べ替え方法を変更しても、起動時は常に日付昇順でスレッドを展開する、などといった表示方法に戻すことができるようになります。

メッセージの表示順序を変更するたびに戻すのが面倒だと感じていた方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:SortPref(Add-ons for Thunderbird)


<関連記事>


■Thunderbirdのメッセージソートを変更する方法。

■Thunderbirdのタグを簡単に並べ替えることができるようになるアドオン「Tag Sequence Arranger」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック