Top Firefox拡張機能(アドオン) >テキストエリアにファイルの内容を貼り付けたり、記入済みの文章をテキストファイルとして保存することができるFirefoxアドオン「Save Text Area」
2014年09月11日

テキストエリアにファイルの内容を貼り付けたり、記入済みの文章をテキストファイルとして保存することができるFirefoxアドオン「Save Text Area」

ウェブページ上のテキストエリアには、キーボードを使って入力を行う必要がありますが、長文の場合などはあらかじめ用意したテキストをクリップボードにコピーしてから貼り付けるといった作業を行うこともあります。

しかし、このような時、わざわざテキストファイルなどを開いてコピーし、またテキストエリアへ戻って貼り付けなくてはならないのがちょっと面倒に感じることもありますね。

Firefoxに「Save Text Area」というアドオンをインストールしておけば、こんな時でもテキストエリア上からファイルを選択してその内容を貼り付けたり、入力済みのテキストをテキストファイルとして簡単に保存することなどができるようになります。

「Save Text Area」をインストールすると、テキストエリア内で右クリックして開くメニュー内に[Text]という項目が追加されます。


01_Save Text Area Firefox Add-ons.JPG


このメニュー以下の[Load From File]を実行することで、すでに保存済みのテキストファイルを選択し、そのファイル内に記述されているテキストをテキストエリア内へ素早く貼り付けることが可能となります。

これにより、ファイルを開いてテキストエリアへ戻ってなどという面倒なことを行うことなく、長文などを簡単に記入することができるというわけです。

また、同メニュー内の[Save As]を実行すると、現在入力済みのテキストをテキストファイルとして保存することもできるようになっており、よく使う文章などをフォーマットとして蓄えておくこともできます。

なお、保存したファイルを呼び出してテキストエリア内で編集を行っている際は、メニュー内に[Save](上書き保存)、[Autosave](3秒ごとに自動保存)という項目が表示され、これらを利用することでファイルを常に最新に保つことが可能です。


02_Save Text Area Firefox Add-ons.JPG


*abouot:configにて[extensions.savetextarea.autosave-delay]の値(ミリ秒)を変更することで自動保存の実行間隔を変更することができます。


03_Save Text Area Firefox Add-ons.JPG


同じような文章を何度もテキストエリアへ入力することが多いような方や、類似アドオンのようにFirefoxプロファイル内にテキストを保存せずにテキストを扱いたいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Save Text Area(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■任意のサイトで特定のテキストエリアに自動フォーカスしてくれるFirefoxアドオン「Easy AutoFocus」

■テキストエリアへの入力内容を保存して別ウィンドウで管理できるFirefoxアドオン「Textarea Cache」

■テキストエリアに任意のエディタを使って入力できるFirefoxアドオン「It's All Text!」

■Google Chromeのようにテキストエリアを伸縮できるFirefoxアドオン「Textarea++」

■テキストエリアの入力内容をコンテキストメニューからクリアできるFirefoxアドオン「Clear Text Fields」

■テキストエリア入力時に高機能エディタで文章を作成できるFirefoxアドオン「Write Area」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック