Top Firefox拡張機能(アドオン) >ページ上の要素や選択コンテンツを非表示にして印刷/保存することができるようになるFirefoxアドオン「Remove/Crop-to Selection」
2014年08月21日

ページ上の要素や選択コンテンツを非表示にして印刷/保存することができるようになるFirefoxアドオン「Remove/Crop-to Selection」

ほとんどのウェブページは、メインコンテンツ以外にメニューや広告、マルチメディアなど多数の要素が複合して構成されています。

このような要素の中には、サイトの利用を非常に便利にしてくれるものもあれば、そうでないものも混在しており、たとえば印刷時などに広告が邪魔だなと感じるようなことも少なくないと思います。

Firefoxアドオンの中には、このような場面で不要な要素をカットすることができるものが多数用意されており、こうしたアドオンを使うことで必要な部分だけをピックアップすることで、印刷時や保存時の無駄を省くことができます。

今回は、そんなアドオンの中から、ページ上の選択要素やマルチメディアコンテンツなどを簡単に非表示にすることができる「Remove/Crop-to Selection」というものをご紹介したいと思います。

「Remove/Crop-to Selection」は、マウスで選択した要素、および選択箇所以外の全ての要素、ビデオやプラグインが必要なコンテンツなどを、コンテキストメニューから簡単に非表示にし、そのまま印刷、保存することができるようになるというアドオンです。

アドオンをインストールすると、ページコンテキストメニューに[Remove Clicked Element][Remove iflame, video & plugins]という項目が追加されます。


01_Remove_Crop-to Selection Firefox Add-ons.JPG


前者を実行すると、右クリックした際にポインタがあった部分の要素を非表示にでき、後者をクリックすると、iflameや動画、プラグインが必要なコンテンツなどを即座に非表示にすることができます。

また、ページ上で何かを選択してコンテキストメニューを開き、[Remove Selection]を実行すると、選択箇所を非表示にすることができ、[Clop-to Selection]を実行すると、選択箇所以外の全ての要素を非表示にすることが可能です。


02_Remove_Crop-to Selection Firefox Add-ons.JPG


なお、削除作業実行後のコンテキストメニューには[Restore Last Removed Element]という項目が表示され、これを実行することで最後に削除した要素を復旧させることが可能です。


03_Remove_Crop-to Selection Firefox Add-ons.JPG


*要素の削除は恒久的なものではなく、ページをリロードすることで元に戻せます。

このように、非常に簡単な操作でページ上のあらゆるコンテンツを非表示にすることができるようになるというアドオンです。

資料作成時の広告排除や、ページ保存時の容量節約などに使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Remove/Crop-to Selection(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■Adblock Plusと併用してテキスト広告などの選択要素を簡単に非表示にすることができるFirefoxアドオン「Element Hiding Helper for Adblock Plus」

■Firefox標準の調査ツールに[要素の一時削除]機能を追加できるアドオン「Remove Temporarily」

■ページのヘッダ要素をすぐに確認することができるFirefoxアドオン「Professor X」

■コード編集なしでウェブページの要素を自由に動かすことができるブックマークレット「Liquid Page」

■ワンタッチでページ内の余計なコンテンツを非表示にできるFirefoxアドオン「Clean the junk」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック