Top Firefox拡張機能(アドオン) >訪問済みリンクカラーの変更を無効にすることができるFirefoxアドオン「Disable Visited Links」
2014年07月02日

訪問済みリンクカラーの変更を無効にすることができるFirefoxアドオン「Disable Visited Links」

代表的なブラウザのほとんどは、リンクをクリックして訪問すると、そのリンク表記の色が変わるようになっています。

これにより、検索結果などを開いた際、すでに訪問したことがあるかどうかを簡単に判別することができるようになるわけです。

この訪問済みリンクのカラーは、履歴を消去すると元に戻るようにはなっていますが、履歴を消すこと無くカラーだけを元に戻すことはできません。

しかし、ユーザーの中には、訪問済みリンクをこのような配色変更により知られたく無いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、Firefoxに「Disable Visited Links」というアドオンをインストールしておくことで、リンク先を訪問しても、リンクカラーを変更しないようにセットすることができるようになります。

「Disable Visited Links」をインストールすると、通常訪問すると変化するリンクカラーが変化しないようになります。


■デフォルト


01_Disable Visited Links Firefox Add-ons+1.jpg


■インストール後


02_Disable Visited Links Firefox Add-ons+1.jpg


これにより、履歴は残っているものの、リンクカラーだけで訪問済みかどうかを判別することができなくなります。

検索結果などから訪問したサイトを推測されるのが嫌だという方や、常に同じ配色でリンクを表示したいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Disable Visited Links(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■訪問済みリンクに色を付けることができるFirefoxアドオン「Visited」

■Firefoxのリンク/訪問済みリンクの色を変更する方法。

■見ているページの背景色やリンク色をワンタッチで変更することができるFirefoxアドオン「Quick Color Switcher」

■訪問済みリンクを未訪問に戻すことができるFirefoxアドオン「Remove Visited Link」






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。