Top Firefox拡張機能(アドオン) >リンクをサスペンド状態で新規タブに開くことができるようになるFirefoxアドオン「Open Link in Silent Tab」
2014年06月16日

リンクをサスペンド状態で新規タブに開くことができるようになるFirefoxアドオン「Open Link in Silent Tab」

Firefoxでリンクを中クリック、またはリンクコンテキストメニューから「リンクを新しいタブで開く」を実行することで、そのリンクを新規タブに開くことができるようになっています。

このとき、リンクが新規タブで開かれると同時に読み込まれ、フォーカスもそのタブに移動するような挙動となっていますが、大量のリンクを次々に新規タブで開いてしまうと、読み込みが追いつかず多くのメモリを消費してしまうというデメリットがあります。

元ページ内に読みたいリンクが多数あるような場合、こうして開いておいてから後で各ページを読むというようなことはよくあることですが、新規タブに移ったフォーカスを元ページに戻したりするのが面倒だったり、メモリ使用量が増えてパフォーマンスが低下してしまっては意味がありませんね。

Firefoxに「Open Link in Silent Tab」というアドオンをインストールしておけば、このように多くのタブを開く作業を行うときでも、その利便性を保ったまま、メモリを消費せずに新規タブでリンクを開くことができるようになります。

「Open Link in Silent Tab」をインストールすると、リンクコンテキストメニューに[Open Link in Silent Tab]という項目が追加されます。


01_Open Link in Silent Tab Firefox Add-ons.JPG


これを実行すると、そのページの読み込みを行わない状態で新規タブが開き、フォーカスも移ることなく元ページに留まっていることができるようになります。


02_Open Link in Silent Tab Firefox Add-ons+1.jpg


タブにはリンク先のURLが表示されるだけの状態となり、後でそのタブをアクティブにした際に読み込みが開始されるようになっています。

これにより、元ページから離れることなく、大量のページをサスペンド状態で開くことができるようになるというわけです。

このようにシンプルな機能を持ったアドオンですが、大量のタブを開くことが多いという方には、役立つのではないでしょうか。


ダウンロード:Open Link in Silent Tab(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■Firefoxで一定時間使用されていないタブを破棄してメモリを解放するアドオン「Dormancy」

■指定したタブや一定時間経過したタブを休止状態にしてメモリを節約できるFirefoxアドオン「Suspend Tab」

■アクティブタブ以外のタブを瞬時に折りたたんでメモリを節約できるFirefoxアドオン「TabStash」

■Firefoxで開いているタブを[ポーズ]してメモリを開放するアドオン「SaveMemory」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。