Top Firefox拡張機能(アドオン) >ローカル画像を複数選択して個別タブで開くことができるFirefoxアドオン「openPics」
2014年05月09日

ローカル画像を複数選択して個別タブで開くことができるFirefoxアドオン「openPics」

Firefoxは、メニューバーから[ファイルを開く]、または[Ctrl+O]を実行することで、ローカルにある画像を参照してブラウザ上に開くことができるようになっています。

しかし、このとき選択できるファイルは一つだけとなっており、複数のファイルを開きたいような場合は同じような作業を何度も繰り返さなければなりません。

また、作業を繰り返したとしても、画像はその都度現在のタブで開かれるようになっており、複数枚の画像などをそれぞれ別のタブで開こうとすると、毎回新規タブを開いておかなければなりません。

このように、ローカルファイルを開くことができるものの、その操作はあまり効率的なものではありません。

もし、あなたがFirefox上でローカル画像を参照することが多いのなら、「openPics」というアドオンを導入しておくことで、このように面倒な作業を行うことなく、複数の画像をワンタッチで個別タブに開くことができるようになります。

「openPics」をインストールすると、ツールバーに専用のボタン 01_openPics Firefox Add-ons.JPG が設置されます。

このボタンをクリックすると、「ファイルを開く」を実行した際と同じように画像の参照ウィンドウが開くようになっています。


02_openPics Firefox Add-ons.JPG


このウィンドウ内では、Ctrlキーを使うなどして複数の画像が選択できるようになっています。

複数の画像を選択後、[開く]をクリックすると、各画像がそれぞれ個別のタブで開くようになっており、デフォルト機能のように何度も画像の選択を繰り返したり、開くためのタブを用意しておかなくても済みます。


03_openPics Firefox Add-ons+1.jpg


このように、複数のローカル画像を一度に選択し、別タブで開くことができるようになるというアドオンです。

ブラウザ上でローカル画像を開くという作業を実行するという方も少ないかもしれませんが、このような作業を度々おこなうことがあるという方にとっては、かなり便利なアドオンではないでしょうか。


ダウンロード:openPics(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■ローカル/リモート画像のExif/IPTCデータを調べることができるFirefoxアドオン「Exif Viewer」

■ローカル画像やウェブ上の好きな画像をFirefoxのテーマにできるアドオン「Canvas」

■Personasの適用範囲を広げたりローカル画像をテーマとして利用できるFirefoxアドオン「zenper」

■Firefoxで表示しているページ上にローカル画像を重ねて配置イメージを確認することができるアドオン「DraftDiff」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。