Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxのタブバーにより多くのタブを表示することができるようになるアドオン「Prevent Tab Overflow」
2014年04月13日

Firefoxのタブバーにより多くのタブを表示することができるようになるアドオン「Prevent Tab Overflow」

Firefoxのタブバーには、デフォルトの場合せいぜい10個程度のタブしか開くことができず、それを超えて開いたタブは、左右の矢印ボタンでスクロールしなければ見ることはできません。

この程度の数を超えるタブを開くことはよくあることですが、ヘビーユーザーの中にはこの程度ですぐにタブが隠れてしまうことに不満を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このようなタブバーの表示スタイルに満足できない場合は、タブの最大幅を変更したりファビコンを非表示にするなどのカスタマイズを行い、より多くのタブを表示させるようにすることもできますが、初心者の方にとってはかなり面倒な作業になってしまいます。

Firefoxに「Prevent Tab Overflow」というアドオンをインストールしておけば、そんな面倒な作業を行うこと無くタブの表示スタイルを変更し、タブバーに表示できるタブの数を大きく増やすことができるようになります。

「Prevent Tab Overflow」は、タブの最大幅を調整したり、ファビコンや閉じるボタンの扱いなどを変更して、Firefoxのタブバーにスクロール無しで表示させることができるタブの数を増やすことができるようになるというものです。

アドオンをインストールすると、たとえばデフォルトでは9個程度のタブしか表示されなかったタブバーに、約17個のタブが表示されるようになります。


■デフォルト


01_Prevent Tab Overflow Firefox Add-ons+1.jpg


■インストール後


02_Prevent Tab Overflow Firefox Add-ons+1.jpg


ウィンドウサイズやディスプレイの解像度によって違いますが、ほぼ倍ほどのタブが表示できるようになるというわけです。

この表示スタイルは、デフォルトで100pxサイズのタブを初期設定55pxに変更したり、Appボタンのサイズ縮小などが行われた結果で、その他にもオプション設定で以下のようなタブ表示に関するカスタマイズを行うことが可能です。


03_Prevent Tab Overflow Firefox Add-ons+1.jpg


■タブの最小サイズ:40px/55px/70px
■空白タブのファビコンを表示しない。
■Appボタンのサイズを縮小する。
■読み込まれていないタブを暗くする。
■タブ開閉時のアニメーションを有効にする。
■マウスオーバーするまで閉じるボタンを表示しない。


このように、タブバーにできるだけ多くのタブを表示するために、様々な表示スタイルのカスタマイズができるようになるというアドオンです。

大量のタブをできるだけスクロールせずに見渡したいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Prevent Tab Overflow(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■Firefoxのタブを好みのスタイルにするためのabout:config設定。

■タブがオーバーフローしないように幅を自動調整してくれるFirefoxアドオン「NOverflow」

■Firefoxのアクティブタブ幅を広げて判別しやすくする方法。

■Firefoxのタブをオーバーフローさせずに左右へスタックさせることができるアドオン「Tab Stacking」

■Firefoxで[タブのスクロール]を無効にする方法。




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。