Top 雑記帳 >Adobe Flash Playerに深刻な脆弱性。
2014年02月05日

Adobe Flash Playerに深刻な脆弱性。

Adobe Flash Playerに深刻な脆弱性が見つかったと報告されています。

この脆弱性は、攻撃者がリモートから対象システムを制御できるようになる可能性があるという重大なもので、Adobeではこの問題を修正するために、緊急公開された最新のFlash Playerに更新するよう呼びかけています。

対象となるバージョンは、Win/Mac用のFlash Player 12.0.0.43まで、およびLinux用のバージョン11.2.202.335までとなっています。

Adobeでは、これらのバージョンをご利用の方は、最新版であるバージョン 12.0.0.44へ早急にアップデートするよう推奨しています。


01_Flash 12.0.0.44.JPG


なお、Google Chromeをご利用の方は、最新版であるGoogle Chromeの32.0.1700.107にすることで12.0.0.44へ自動的に更新されます。

また、IE10/11に関してはWindows Updateより自動的に更新されるようになっています。

Firefoxのプラグインチェックではまだ最新版は表示されていませんが、ユーザーは至急アップデートされることをおすすめします。


ダウンロード:Adobe Flash Player 12.0.0.44(get.adobe.com)

*インストール時に「McAfee Security Scan Plus」をインストールするようチェックが入っていますので、不要な方はチェックを外してから作業を続けてください。


<関連記事>


■Firefoxで重複してしまったFlash Playerプラグインを削除する方法。(Win)

■「Adobe Flash Player 11.3.300.262」リリース。問題解決か・・

posted by moziller at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387217997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック