Top Greasemonkey >ウェブページ上のリンクにファイルタイプ別アイコンを表示するGreasemonkeyスクリプト「Add helpful icons to links」
2014年01月23日

ウェブページ上のリンクにファイルタイプ別アイコンを表示するGreasemonkeyスクリプト「Add helpful icons to links」

ウェブページや検索結果の中に表示されているリンクには、ウェブサイトへジャンプするものの他に、ファイルそのものへアクセスしたり、クリックしてメールを送信できるようなリンクも含まれています。

こうしたリンクはアンカーテキストによってある程度判断できるものではありますが、そのような表記が無い場合、一目でサイトへのリンクなのか、ファイルの表示/ダウンロードリンクなのかがわかりにくいこともありますね。

サイトへジャンプすると思ったらメーラーが開いた、配布サイトへのリンクだと思ったら直接ダウンロードが始まったというような経験は誰にでもあると思いますが、このようなリンクを毎回URLボックスで確認するのは面倒ですね。

Firefoxに「Add helpful icons to links」というGreasemonkeyスクリプトをインストールしておけば、こんな場面でもリンク横のアイコンをチェックすることで、そのリンクがどのようなファイルタイプなのかを視覚的に判断することができるようになります。

「Add helpful icons to links」は、ウェブページや検索結果に表示されているリンクに、ファイルのダウンロードやメールリンクが含まれていた場合、そのファイルタイプに応じたアイコンを付与し、クリックする前にどのようなリンクであるかをチェックすることができるようになるというものです。

スクリプトをインストールすると、たとえばリンクがPDFを開くようなものであれば、以下のようにリンク右端にPDFアイコンが表示されるようになります。


01_Add helpful icons to links Greasemonkey.JPG


メールリンクの場合は以下のようにメールアイコンが付与されます。


02_Add helpful icons to links Greasemonkey.JPG


対応するファイルタイプはmp3/wav/wmaなどのオーディオファイル、movやwmvなどのビデオファイル、docなどのドキュメントファイルのほかmailto:やftp://など数十種に及びます。

このように、サイトやページへのアクセス以外のファイルダウンロードリンクやメディア再生リンクを、簡単にチェックできるようになるというアドオンです。

うっかりクリックを防ぎたい方や、特定のファイルを探すことが多いという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Add helpful icons to links(userscripts.org)


<関連記事>


■ファイルやキーワードごとにダウンロード先を自動的に振り分けることができるFirefoxアドオン「Download Sort」

■ページ内のメディアファイルを任意のプレーヤーに読み込んで再生できるFirefoxアドオン「Play All」

■FirefoxでGoogle検索した際、結果にFaviconを付ける拡張機能「Google Icon」

■FirefoxのサイドバーにGoogle ドキュメント[マネージャ]を表示できるアドオン「gDocsBar」

posted by moziller at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック