Top Firefox拡張機能(アドオン) >選択テキストを[検索][シェア][コピー]することができるFirefoxアドオン「Liquid Words」
2014年01月21日

選択テキストを[検索][シェア][コピー]することができるFirefoxアドオン「Liquid Words」

Firefoxでテキストを選択してコンテキストメニューを開けば、そのテキストをコピーしたり検索を実行することができます。

このようなアクションはほとんどのブラウザが持っているものですが、時には他の検索エンジンを使って検索したり、それ以上の操作を行いたい場合もあると思います。

そんな方は、コンテキストメニューを拡張できるFirefoxアドオンを使うことで、テキストをソーシャルメディアに投稿したり、数多くの検索エンジンから好みのものを選んで検索を行うことができます。

今回は、そんなアドオンの中から、選択テキストを任意の検索エンジンで検索できる機能をはじめ、高度なコピーや同一キーワードのハイライト、単位の換算などあらゆる操作を実行することができるようになる「Liquid Words」というアドオンをご紹介したいと思います。

「Liquid Words」をインストール後、ページ上でテキストを選択すると、キーワード下部に小さなボタンが表示されるようになります。


02_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


このボタンにマウスをポイントすることで専用のコンテキストメニューが開くようになっており、メニュー内の項目をクリックすることで以下のように様々な作業を行うことが可能となります。


03_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


■検索

サブメニューに表示される様々な検索エンジンを選択して、キーワード検索を実行することができます。


■リファレンス


04_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


キーワードをWikiやGoogle Definitionなどで調べることができます。


■シェア


05_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


サブメニューから選択部分をメールで送信したり、Twitter、Facebook、Wordpressなどに投稿することができます。


メールクライアントはOSデフォルトの他、専用ポップアップウィンドウで開くGmailなども選択可能です。


■コピー


06_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


選択テキストを通常コピーできるほか、リンクのコピー、印刷なども実行できます。


■ビュー


11_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


選択キーワードと同じキーワードをページ上でハイライトしたりすることができます。


■・・・


10_Liquid Words Firefox Add-ons.JPG


これをクリックすると、デフォルトメニューには表示されていない様々な検索エンジンを使って検索したり、リンクのオープン、通貨、温度などの単位変換を実行したりできます。

アドオンのオプション画面では、動作の設定やメニューに表示する項目の選択などができるようになっています。


<オプション設定>

■全般


07_Liquid Words Firefox Add-ons+1.jpg


○メニュー(○ボタン)を表示する方法:テキスト選択時/テキスト選択後ボタンにポイント/テキスト選択後右クリック/その他の動作(テキスト選択後キーボードショートカット実行など)


■レイアウト


08_Liquid Words Firefox Add-ons+1.jpg


ここではメニュー内に表示するアイテムの選択が可能です。

各カテゴリにチェックを入れることでメニューに表示できるほか、カテゴリ名横の▸をクリックして表示される個別アイテム(検索エンジンなど)ごとに表示/非表示を決めることができます。

また、ユーザー自らがカテゴリを追加することもできます。

なお、メニューに表示していない機能でも、メニュー内の[・・・]をクリックして一時的に機能を利用することが可能です。


■その他


09_Liquid Words Firefox Add-ons+1.jpg


○検索時やリファレンス利用時にどのように結果を開くか:通常クリックやShift+Enterで実行するアクションを選択できます。

たとえば通常クリックならフォアグラウンドの新規タブで開く、Shift+Enterなら新しいウィンドウで開くなどといった指定が可能です。

○コピー、シェア時のURL:通常URLのほか、短縮URLとしてコピー、シェアするよう指定できます。
○デフォルト検索エンジン
○コマンドキャッシュ数
○デフォルトEメールプログラム

また、右側のセクションでは、設定のバックアップや復元、リセットなどができるほか

○選択部分を自動的にコピーする。
○目次を表示する。
○ツールバーにシェアボタンを表示する。
○ショート化されたURLに元URLをツールチップ表示する。
○視認性の高いアイコンを使う。
○Ctrlキーでリンクをプレビューする。
○Google ドキュメント内で利用する。

といったおまけ機能も有効化することができます。


このように、詳細な設定を行うことで、テキスト選択後のコンテキストメニューからあらゆる操作が可能になるというアドオンです。

類似アドオンは多数ありますが、オールマイティな機能を求めている方は、こちらも試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Liquid Words(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■コンテキストメニューから手持ちの検索エンジンで検索を実行できるFirefoxアドオン「Context Search X」

■FirefoxのコンテキストメニューからGoogle画像検索ができるようになるアドオン「Google Image Search」

■テキストを選択するだけで検索ボタンをポップアップ表示して検索できるFirefoxアドオン「Selected Search」

■選択テキストの書式を取り除いてコピーすることができるFirefoxアドオン「Copy Plain Text 2」

■選択テキストを自動的にクリップボードにコピーできるFirefoxアドオン「ClickCutter AutoCopy」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。