Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxのロケーションバーに特定の文字列が含まれていたら背景色を変更するアドオン「Location Alerter」
2014年01月10日

Firefoxのロケーションバーに特定の文字列が含まれていたら背景色を変更するアドオン「Location Alerter」

Firefoxにローカルで作業中のページを表示しているような場合、オンラインのページと比較するために2つのウィンドウやタブを同時に開くようなことがあります。

このようなとき、2つの内容がほぼ同じなら、どちらが編集中でどちらが公開中のページなのかがややこしくなってしまうこともありますね。

そんなときは、ロケーションバーのアドレス表記などをチェックして判断するしかありませんが、頻繁にウィンドウを切り替えたりしていると、うっかり間違ってしまうこともあるでしょう。

Firefoxに「Location Alerter」というアドオンをインストールしておけば、こんなときでもどちらを開いているのかを視覚的に判断することができるようになります。

「Location Alerter」は、ロケーションバーに特定のキーワードが含まれている場合、バーの背景色を白以外の色でハイライト表示し、一目で特定のページであるということが判断できるようになるというものです。

アドオンをインストールしたらまずはオプション設定を開き、キーワードの登録と背景色の指定を行う必要があります。


01_Location Alerter Firefox Add-ons+1.jpg


オプション画面内の記入欄にキーワードを入力し、下部のカラーパレットから背景色として表示したい色を指定すれば準備完了です。

*キーワードは[,]区切りで複数登録することが可能です。

設定完了後、指定したキーワードがアドレスに含まれるウェブサイトやローカルファイルを開くと、背景色が指定色に変化し、特定のページを開いているということがはっきりとわかるようになります。


02_Location Alerter Firefox Add-ons+1.jpg


[localhost]や[file:///]、[about:][ftp.]などを指定しておけば便利かもしれませんね。

開発者の方や、ローカルファイルを頻繁に開くような使い方をされる方は、試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Location Alerter(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■Firefoxのロケーションバーにプログレスバーを表示することができるアドオン「Progre」

■Firefoxのプライベートブラウジング時にロケーションバーカラーなどを変更できるユーザースタイル「Private Browsing Bars」

■ページを戻ることができる/できないをロケーションバーカラーで判断できるようになるFirefoxアドオン「CloseSign」

■Firefox 3でhttpsサイトを読み込んだ際のロケーションバーに色を付ける方法。

■IMEの状態によってテキストボックスの背景色を変更できるFirefoxアドオン「IMEStatus」

■セキュアなサイト接続時にロケーションバーのカラーを変更してくれるFirefoxアドオン「Glassy Urlbar」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。