Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >送信者のアドレスと違うドメインの宛先を記入すると警告を発してくれるThunderbirdアドオン「Highlight External Addresses」
2013年11月30日

送信者のアドレスと違うドメインの宛先を記入すると警告を発してくれるThunderbirdアドオン「Highlight External Addresses」

Thunderbirdで社用のメールアドレスを利用している場合、同一ドメイン宛てのメッセージを作成することも多いと思います。

そのような時、CCやBCCで複数の相手にメッセージを送ることもあると思いますが、アドレス帳から相手を選択していると、時には誤ってプライベートのアドレスを記入してしまう危険性もあります。

重要な社用メールなどがこのような凡ミスで外部に漏れてしまうと、後に面倒なことにもなりかねません。

Thunderbirdに「Highlight External Addresses」というアドオンをインストールしておけば、あなた(送信者)が使おうとしているメールアドレスのドメインと違うドメインのメールアドレスを宛先に記入した際、その欄をハイライトすることで警告し、誤った外部へのメッセージ送信を防ぐことができるようになります。

アドオンをインストールすると、メッセージ作成時に宛先を記入した際、送信ドメインと違うドメインが記入されると同時にその入力欄がオレンジ色でハイライトされるようになります。


01_Highlight External Addresses Thunderbird Add-ons.JPG


これにより、この欄に記入されているアドレスは外部宛てのものだと瞬時に判断できるようになるというわけです。

このようにシンプルな機能を持ったアドオンですが、Thunderbirdでビジネスとプライベートのアカウントを共存させているような方には役立つのではないでしょうか。


ダウンロード:Highlight External Addresses(Add-ons for Thunderbird)


<関連記事>


■特定のタグが付いたメッセージを削除する際に警告を発したり削除できないようにしてくれるThunderbirdアドオン「Prevent Delete」

■入力済みの全宛先をワンクリックでクリアできるThunderbirdアドオン「ResetRec」

■メール送信前に宛先を確認してくれるアドオン「Confirm-Address」






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。