Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefox標準のPDFビューアで開いているファイルをAdobe Acrobatプラグインで開き直すことができるアドオン「pdfViewerSwitcher」
2013年09月02日

Firefox標準のPDFビューアで開いているファイルをAdobe Acrobatプラグインで開き直すことができるアドオン「pdfViewerSwitcher」

Firefox 19からは、PDFファイルをFirefox標準のビルトインPDFリーダーを使って開くようになりました。

これにより、プラグインの脆弱性による危険を回避したり、重いAcrobatリーダーを使わなくても済むようになったわけですが、このビルトインリーダーではまだ正常に表示させることができないファイルもあり、Adobe Acrobatを使わなければならないシーンも多々あります。

このように、デフォルトリーダーでは正常に表示させることができない可能性がある場合は、画面上部に以下のような通知が表示されるようになっており、ここで[ほかのビューアで開く]をクリックすることでAdobe Acrobatを使ってそのファイルを開くことができるようになっています。


01_pdfViewerSwitcher Firefox Add-ons+1.jpg


しかし、これを実行しても、ファイルのダウンロード、またはAdobe Readerでファイルを開くダイアログが表示されるだけで、ブラウザ上でスマートに参照することはできません。

こんな時、ワンタッチで利用するPDFリーダーを切り替えることができればかなり便利ですね。

そんな機能をFirefoxに与えてくれるアドオンが「pdfViewerSwitcher」です。

「pdfViewerSwitcher」は、Firefox標準のPDFリーダーを利用して開いているファイルを、Adobe Acrobatで開き直すことができるようになるというものです。

アドオンをインストールすると、アドオンバーに専用のボタン 02_pdfViewerSwitcher Firefox Add-ons.JPG が設置されます。

デフォルトビューアでPDFを参照中、このボタンをクリックすると即座にファイルがリロードされ、Firefox上のAdobe Acrobatで開きます。


■デフォルトビューア利用中


03_pdfViewerSwitcher Firefox Add-ons+1.jpg


■ボタンクリック後


04_pdfViewerSwitcher Firefox Add-ons+1.jpg


なお、ボタンを再度クリックすることで、もう一度デフォルトビューアを使って開き直すことも可能です。

このように、PDFを参照するリーダーを簡単に切り替えることができるようになるというアドオンです。

Adobe Acrobatは重いからデフォルトリーダーのままにしているが、機能面でちょっと不満を感じているという方も多いと思いますが、そんな方も、このアドオンがあれば少しはPDFの参照が楽になるのではないでしょうか。


ダウンロード:pdfViewerSwitcher(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■ウェブページをワンタッチでPDF化できるFirefoxアドオン「Print pages to Pdf」

■Firefox 15以降に搭載されているPDFビューア機能を有効にする方法。

■【Firefox 19.0】リリース。ビルトインPDFビューアがデフォルトで有効に。

■PDFリンクをGoogle ドキュメントビューアで開くことができるFirefoxアドオン「gPDF」






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。