Top Greasemonkey >Gmailで受信したメッセージの送信者名表示をアドレス帳に登録してある名前で表示するGreasemonkeyスクリプト「DisplayName gmail」
2013年08月31日

Gmailで受信したメッセージの送信者名表示をアドレス帳に登録してある名前で表示するGreasemonkeyスクリプト「DisplayName gmail」

メーラーの設定で、送信者名に実名を記入しておけば、受信者はそのメッセージが誰からのものであるかをすぐに判別することができます。

しかし、ビジネスに使うアドレスでもない限り、実名を記入するのは嫌だというような理由で、ここにニックネームを記入したり、表記をローマ字にしているような場合もよくあります。

このような名前表記でメッセージが送られてくると、差出人欄にそれらが表示されることから、誰であるかを素早く判断することができないようなこともありますね。

Firefoxに「DisplayName gmail」というGreasemonkeyをインストールしておけば、Gmailでこのようなメッセージを受信した際、送信者名の表記を自分が登録しているアドレス帳の名前で表示してくれるようになります。

たとえば、相手が送信者名欄に[testuser]と設定してメッセージが送られてきた場合、受信トレイ左側の送信者欄には以下のように[testuser]として表記されます。


01_DisplayName gmail Greasemonkey.JPG


もし、あなたがこの[testuser]さんのアドレスをGmailのアドレス帳に登録していて、その名前欄に[もじらりみっくす]と記入しているのなら、「DisplayName gmail」をインストールすることで、相手の設定に関係無くあなたのアドレス帳の登録名である[もじらりみっくす]と表示されるようになります。


02_DisplayName gmail Greasemonkey.JPG


このように、送信者の設定によってややこしくなりがちな名前表記を、自分がわかりやすいように表示しなおしてくれるというスクリプトです。

Gmailを常用している方で、アドレス帳をしっかり作成されている方には便利ですね。


ダウンロード:DisplayName gmail(userscripts.org)


<関連記事>


■同一差出人からのメッセージを一括選択できるThunderbirdアドオン「Gather the senders !」

■受信したメッセージの件名を書き換えることができるThunderbirdアドオン「EditEmailSubject」

■受信メッセージがどのメーラーで作成されたかが一目でわかるThunderbirdアドオン「Display Mail User Agent」



posted by moziller at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。