Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefox 23.0で失われた設定項目をオプション画面に復活させることができるアドオン「SettingSanity」
2013年08月23日

Firefox 23.0で失われた設定項目をオプション画面に復活させることができるアドオン「SettingSanity」

Firefox 23.0では、「画像を自動的に読み込む」「JavaScriptを有効にする」「常にタブバーを表示する」といった使う人にとっては重要な設定項目がオプションウィンドウ内から削除されました。

このような措置は機能を使わない初心者の方などにとっては煩雑さをなくすという意味で親切なのかもしれませんが、これらの機能を常用していたユーザーの中には、設定が面倒になったとお困りの方も多いと思います。

削除された項目はそれぞれabout:configで詳細設定を行うことができるとはいえ、毎回そんな作業をやってはいられませんね。

Firefoxに「SettingSanity」というアドオンをインストールすれば、このように省略されたオプション項目を簡単に復活されることができるようになります。

Firefox 23.0デフォルトの場合、オプション設定→コンテンツ部は以下のようなものとなっています。


02_SettingSanity Firefox Add-ons+1.jpg


「SettingSanity」インストール後は、ここへ以前のように「画像を自動的に読み込む」「JavaScriptを有効にする」(詳細設定ボタンも戻ってきます)が表示されるようになります。


01_SettingSanity Firefox Add-ons+1.jpg


また、[タブ]セクションにも「常にタブバーを表示する」が復活し、以前のようにUIから設定を行うことができるようになります。


03_SettingSanity Firefox Add-ons+1.jpg


このように、about:configから[permissions.default.image]や[javascript.enabled]、[browser.tabs.autoHide]などを探して設定することなく、以前のように気軽に設定を変更することができるようになるというアドオンです。

これらの設定が消えたことに困っていた方は、このアドオンで以前の操作性を取り戻してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:SettingSanity(Add-ons for Firefox)


*注意:アドオンページのトップに表示されているバージョン[0.1.20130412]には「常にタブバーを表示する」を復活させる機能が実装されていません。この機能が必要な方は、ページ下部からVersion Historyを開き、最上段の[Version 0.2.20130819]をインストールしてください。


<関連記事>


■【Firefox 23.0】リリース。

■Firefox 23でJavaScriptを無効にする方法。






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。