Top Mozilla-Tip's >Firefox 23.0以降で[Click to Play]機能を使う方法。
2013年08月12日

Firefox 23.0以降で[Click to Play]機能を使う方法。

Firefox 14.0から、プラグインを勝手に実行しないようにすることができる「Click to Play」機能が搭載されました。

この機能を利用することで、プラグインが勝手に実行されなくなり、脆弱性を利用した攻撃を回避することができるわけですが、Firefox 23.0にアップデートしてからこの機能がうまく働いていないと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以前のバージョンでは、about:configにて[plugins.click_to_play]をダブルクリックし、値を[true]にすることでプラグインコンテンツの自動再生を止めることができましたが、Firefox 23.0では、プラグインの状態を決めるオプションが新たに追加され、そのオプションを設定しなければアップデート前のプロファイルで[plugins.click_to_play]を有効にしていても、Firefox 23.0ではプラグインが働いてしまう可能性があります。


01_Firefox 23.0_plugins_click_to_play.JPG


そんな方は、アドオンマネージャを開き、プラグインの状態を確認してみましょう。

Firefox 23.0でアドオンマネージャ→[プラグイン]を開くと、以前のように有効・無効のボタンがなくなり、代わりに[常に有効化する][無効化する]というドロップダウンリストが表示されます。


02_Firefox 23.0_plugins_click_to_play.JPG


ここで有効・無効を切り替えることができるわけですが、about:configにて[plugins.click_to_play]を有効化している場合は、以下のように[実行時に確認する]というオプションが選択できるようになっているはずです。


03_Firefox 23.0_plugins_click_to_play.JPG


Firefox 23.0以降は、この[実行時に確認する]を選択してClick to Playが使えるようになっています。


04_Firefox 23.0_plugins_click_to_play.JPG


以前のバージョンでClick to Playを有効にされていた方で、Firefox 23.0では一部のプラグインがロードされてしまうようになったという方は、この[実行時に確認する]が選択されていないのが原因ですので、改めて設定してみてください。


<関連記事>


■Firefox 14の[Click to play]機能をツールバーボタンでON/OFFできるアドオン「Click to play switch」

■Click to Play機能のサイト別パーミッションを管理することができるようになるFirefoxアドオン「Click-to-Play Manager」

posted by moziller at 12:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mozilla-Tip's



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
これ
自分のアドオンが干渉してるかと思ってました・・
助かります!(喜び)
Posted by 通りますよ at 2013年08月12日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。