Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >Thunderbirdのクイックフィルタをツールバーとして独立させることができるアドオン「QuickFilterToolbar」
2013年07月14日

Thunderbirdのクイックフィルタをツールバーとして独立させることができるアドオン「QuickFilterToolbar」

Thunderbirdには、クイックフィルタという便利な機能が用意されており、これを利用することでキーワードやタグなどからメッセージを簡単に絞り込むことができます。

このバーは起動するとメッセージスレッド上部に細いバーが表示されるようになっており、このバーで指定した条件にマッチするメッセージだけを絞り込んで表示することができるようになっています。

しかし、この位置ではスペースも狭く、ウィンドウを最大化でもしていない限りラベルも表示されないことから、頻繁に絞り込みを行う方なら若干使いにくいと感じたこともあるのではないでしょうか。

そんな方は、Thunderbirdに「QuickFilterToolbar」というアドオンをインストールすることで、このクイックフィルタバーを横いっぱいのツールバーとして表示させることができるようになります。

「QuickFilterToolbar」をインストールすると、デフォルトのクイックフィルタバーが以下のようにナビゲーションツールバー下部に移設され、ウィンドウ幅いっぱいに表示されるようになります。


■デフォルト


01_QuickFilterToolbar Thunderbird Add-ons+1.jpg


■QuickFilterToolbarインストール後


02_QuickFilterToolbar Thunderbird Add-ons+1.jpg


これにより、常時ラベルを表示しておくことができるようになり、スレッドペイン上部にあるときよりかなり視認性が良くなります。

また、バー右端にはメッセージコンテンツタイプを絞り込むボタンも追加され、ここから送信者や件名、本文などを対象とした絞込みを行うこともできるようになります。


03_QuickFilterToolbar Thunderbird Add-ons.JPG


このように、デフォルトでは小さくて若干使い勝手が悪かったクイックフィルタ機能を、見やすく使いやすくしてくれるというアドオンです。

大量のメッセージを抱えていて、絞込みを頻繁に行うという方は、導入してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:QuickFilterToolbar(Add-ons for Thunderbird)



<関連記事>


■フォルダをフィルタリング(検索)して選択メッセージを移動できるThunderbirdアドオン「QuickFileMail」

■Thunderbirdにタグ検索フォルダを作成してスマートにメッセージを参照する方法。

■選択したメッセージの送受信者だけを絞り込み表示できるThunderbirdアドオン「qfb-pivot」






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。