Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >メッセージを予定やTodoとして簡単に追加することができるThunderbirdアドオン「Event extract」
2013年07月06日

メッセージを予定やTodoとして簡単に追加することができるThunderbirdアドオン「Event extract」

メッセージを受信したとき、その内容に応じてタスクを追加したり予定を組んだりしなければならないことがあります。

このようなとき、いつも使っているカレンダーやTodoリストにその内容を記入する必要があるわけですが、違うツールを立ち上げてコピペしたりしながら予定を作成するのはちょっと面倒ですね。

Thunderbirdには、カレンダーとTodoリストを利用することができる「Lightning」というアドオンが用意されており、これをタブなどで起動しておけば比較的簡単にメッセージから予定を作成することができますが、それでもワンタッチというわけにはいきません。

せっかくいいカレンダーツールをビルトインできるのですから、もっと素早くメッセージから予定が作成できればいいですね。

Thunderbirdに「Event extract」というアドオンをインストールしておけば、こんなときでもメッセージを簡単にLightningへ予定として登録することができるようになります。

「Event extract」をインストールすると、メッセージを右クリックして表示されるコンテキストメニュー内に[Extract as]という項目が追加されます。


01_Event extract Thunderbird.JPG


このメニュー以下には[イベント][タスク]という項目が用意されており、それぞれをクリックすることでメッセージを予定、またはタスクとして追加することができます。

*ツールバーやヘッダ部に追加できる専用のボタンでも同様の操作が可能です。


02_Event extract Thunderbird.JPG


予定の追加ウィンドウには件名としてメッセージタイトル、詳細としてメッセージ本文が自動記入されるようになっていいます。


03_Event extract Thunderbird+1.jpg


*見本は英文しか表示されてませんが、もちろん日本語タイトル、日本語メッセージでも追加可能です。

*予定やタスクの日時はメッセージ受信日となります。

必要ならここで日付や本文などを編集し、いつものように保存すれば予定の登録は完了です。


04_Event extract Thunderbird.JPG


05_Event extract Thunderbird.JPG


このように、非常に簡単な操作でメッセージ自体を予定、またはタスクとして登録することができるというアドオンです。

Lightningをお使いで、予定を立てなければならないようなメッセージを受信することが多いという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Event extract(Add-ons for Thunderbird)


<関連記事>


■アドレス帳に記載されている誕生日をLightningにイベントとして表示できるThunderbirdアドオン「ThunderBirthDay」

■Lightningで削除した予定を専用のゴミ箱へ移動して復旧することができるThunderbirdアドオン「Trashcan」

■メッセージに関連付けられたタスクを作成/管理できるThunderbirdアドオン「tasks & mails」






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。