Top 雑記帳 >Chromiumベースの【Opera 15.0】安定版リリース。
2013年07月03日

Chromiumベースの【Opera 15.0】安定版リリース。

「Opera 15」安定版がリリースされました。

本バージョンはChromiumベースとなり、Googleの「Blink」レンダリングエンジンが採用となったことでさらに高速化されているほか、新規タブページを中心に複数の新機能が搭載されています。

Opera 15.0は、Windows、およびMacOS版がダウンロード可能となっており、現在のところLinux版は提供されていません。


01_Opera 15.0+1.jpg


Opera 15.0の主な変更点などは以下の通りです。


■Blinkレンダリングエンジンの採用による高速化。

■強化されたスピードダイヤル。

ショートカットをドラッグ&ドロップしてグループ化したり、検索機能によるアイテムの絞込みなどが可能になりました。


03_Opera 15.0+1.jpg


■スタッシュ機能

アドレスバーの[ハート]アイコンをクリックすることで、閲覧中のページを後で読むためにストックすることができます。


02_Opera 15.0+1.jpg


新規タブページ内の「スタッシュ」をクリックすると、保存されたページ一覧を表示することができます。


■ディスカバー

ユーザーの好みに応じた情報をニュースサイトのようにピックアップして表示してくれます。


04_Opera 15.0+1.jpg


■オフロードモード

モバイルOperaの圧縮技術を利用し、低速回線利用時のブラウジングを高速化します。Operaボタン→オフロードモードにチェックを入れることで利用可能です。


05_Opera 15.0.JPG


■アドレスバーと検索バーの融合。

アドレスバーからGoogle検索などが可能となり、候補の表示などもできるようになっています。また、アドレスバー右端のアイコンクリックで表示ページをスピードダイヤルへワンタッチ登録したり、新機能「スタッシュ」への追加などが可能です。


以上のように、ほぼ「Opera 15.0 Next」公開時と同様の改良が行われています。

なお、今後OperaはFirefoxなどと同じように数週間ごとにアップデートされる予定となっています。

また、Opera 12.xは15.0に強制アップデートされることなく継続更新される予定で、しばらくの間はセキュリティと安定性の向上を中心とした12.x独自のアップデートが並行して提供される予定です。

シェアは少ないもののコアなファンが多いOperaですが、FirefoxやGoogle Chromeを使っている方でも十分満足できる性能を持っていますので、興味のある方は使って見てはいかがでしょうか。


ダウンロード:Opera 15.0(opera.com)


<関連記事>


■【Opera 15.0 Next】リリース。WebKitレンダリングエンジンを搭載。



posted by moziller at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。