Top 雑記帳 >Operaに不正アクセスで証明書が流出。ユーザーにマルウェアが自動的にインストールされてしまった恐れ。
2013年07月01日

Operaに不正アクセスで証明書が流出。ユーザーにマルウェアが自動的にインストールされてしまった恐れ。

6/19日、Operaの社内ネットワークインフラストラクチャが標的型攻撃を受け、その際期限切れのオペラコード署名証明書が流出してしまったということが判明しました。

これにより、Operaユーザーはマルウェアを自動的にインストールしてしまった可能性があるということです。

この攻撃によって流出した証明書を攻撃者がマルウェアに証明を加えることで、Windowsユーザーに意図しないマルウェアのインストールが行われてしまう可能性が生じ、実際6月19日午前1時〜1時36分の間に数千人規模のユーザーが被害に遭っている可能性があるとのことです。

■Opera社内から証明書流出、ユーザーのマシンにマルウェアが侵入か

■Operaに不正アクセス、コードサイニング証明書悪用でマルウェア配布の恐れ


Security@Operaのブログ記事「Security breach stopped」では、(セキュリティ侵害は停止しました。)となっているものの、Operaユーザーにはウイルス対策ソフトを使って各自でスキャンするなどの措置をとって欲しいと締めくくってあります。

心当たりのあるユーザーは、至急ウィルス対策ソフトなどを使ってフルスキャンしておいたほうがよろしいかと思います。


<関連記事>


■【Opera 15.0 Next】リリース。WebKitレンダリングエンジンを搭載。



posted by moziller at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。