Top Firefox拡張機能(アドオン) >Google/Bing/YouTubeの検索時に様々なオプションを指定することができるFirefoxアドオン「Web Search Optimizer」
2013年06月25日

Google/Bing/YouTubeの検索時に様々なオプションを指定することができるFirefoxアドオン「Web Search Optimizer」

Google検索では、検索ツールを使って期間を指定するなどのフィルタリング操作を行うことができます。

このような絞込みを行うことでより自分の求めているサイトを探すことができるわけですが、高度なフィルタリングを行うには検索バー内に様々なオプションを記述せねばならず、有効活用するのが難しいですね。

期間の指定や日本語サイトだけを表示するようなオプションは[検索ツール]から簡単に使うことができますが、それ以外の作業は初心者には難しいですね。

Firefoxに「Web Search Optimizer」というアドオンをインストールしておけば、検索時にこのようなフィルタリングや除外などを簡単に行うことができるようになります。

「Web Search Optimizer」は、Google、Bing、YouTubeで検索を行う際、専用コントロールパネルからキーワードの追加/除外、期間やファイルタイプ、ブラックリスト機能による特定キーワード、特定サイトの除外などがUIで指定することができるようになるというものです。

アドオンをインストールすると、Google、Bing、YouTubeの検索バーに緑色のボタンが表示されます。


01_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG


検索キーワードを入力後、このボタンをクリックすると、以下のようなオプション指定パネルがポップアップ表示されます。


02_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG


*いつものようにEnterキーを押せば通常検索が可能です。
*アドオンバーの 03_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG ボタンをクリックすれば機能を無効化できます。

ここでは、各サービスごとに以下のようなフィルタリングが指定できるようになっています。


<Google/Bing>

■基本(入力済みの)キーワード
■追加キーワード(""で囲んだキーワードを基本キーワードに追加)
■結果から除外したいキーワード、またはURLの一部
■期間の指定(過去24時間/7日/30日.365日)
■ファイルタイプの指定(PDF、docなどをターゲットに指定できます。)
■ブラックリスト(後述)
■結果を新規タブで開く


<YouTube>


06_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG


■基本(入力済みの)キーワード
■除外するキーワード
■結果をビデオ/チャンネル/プレイリストに絞り込む
■並べ替え(関連性/登録日/閲覧数/評価)
■登録日の絞込み(全て/今日/今週/今月)
■ビデオの時間(〜4分/〜20分)
■カテゴリの絞込み
■動画の特徴(キャプションを閉じる/HD再生/WebM動画など)

パネル内で上記のような指定を行い、[Search]ボタンをクリックすることで、自分の求めている結果だけを簡単に表示することができるようになるというわけです。

また、ブラックリスト機能を使うことで、除外したいキーワードやURL、価格比較サイトなどを結果から常時除外するよう設定することもできます。

ブラックリスト機能はデフォルトで無効となっていますが、アドオンのオプション設定にて[広告を許可する]にチェックを入れることで有効化されます。(広告は結果上部に小さく表示される邪魔にならないものです。)


04_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG


有効化すると、パネル右側の[Blacklists]→[Manager]部がクリック可能となります。

これをクリックすると、以下のようなパネルが開き、合計6パターンのブラックリスト作成と除外したい価格比較サイトの登録ができるようになります。

登録を行うには、[Blacklist 1]など目的のリストをクリックし、[New Term]部に除外キーワードを入力して[+]ボタンを押すだけです。


05_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG


*必要ならName右の編集ボタンをクリックしてリストに名称を付けることもできます。

登録後、[Save]を押せば、今後検索時にそのキーワードが含まれたサイトが除外されます。

[Price comparer]では、価格比較サイトのドメインなどを登録して結果から除外することができるようになっており、キーワード同様の方法で任意のドメインを登録することができます。


07_Web Search Optimizer Firefox Add-ons.JPG


*デフォルトではドイツ国内の主要サービスが登録されていますので、不要なら[-]ボタンで削除してください。

このように、検索実行時の各種オプション指定、キーワード/URLの登録による不要な結果の除外を簡単に行うことができるというアドオンです。

検索エンジンは毎日のように使うものですので、このようなツールを使って結果をうまくコントロールしてみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Web Search Optimizer(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Googleの検索結果から不要なものを除外できるGoogle Chromeエクステンション「Search Engine Blacklist」

■Googleの検索結果から任意のドメインを除外できるGoogle Chrome拡張機能「Personal Blocklist (by Google)」

■Googleの検索結果に表示したくないドメインをブロックすることができるGreasemonkeyスクリプト「Google Domain Blocker」

■検索結果からキーワードを+−して新たな検索結果を得る「Visual-Search Extension」

■Google画像検索に高度なフィルタ機能を追加できるGreasemonkeyスクリプト「Google Image Search Advanced」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック