Top Firefox >【Firefox 21.0】正式版リリース。
2013年05月15日

【Firefox 21.0】正式版リリース。

Firefox 21.0がリリースされました。

本バージョンではDo Not Trackの通知方法の追加やヘルスレポートの実装など複数新機能の搭載、および様々な修正が行われたものとなっています。

すでにFirefoxをご利用の方はヘルプメニューよりアップデートすることが可能となっています。


01_Firefox 21.0+1.jpg


Firefox 21.0の主な新機能、変更点などは以下の通りです。


■Do Not Track (DNT) のユーザインタフェースを改良。


02_Firefox 21.0.JPG


オプション→プライバシーにて、トラッキングに関する通知方法を3種から選択できるようになりました。

■アプリケーション起動時間の短縮方法を必要に応じて提案。

起動にしきい値以上の時間がかかった場合、ウィンドウ下部にその旨を通知し、起動速度向上に関するTip'sを読むことができます。

この機能を無効にするには、about:configにて[browser.slowStartup.notificationDisabled]を表示してダブルクリックし、値を[true]に変更します。

また、デフォルトの場合、起動が遅いと判別するしきい値は60秒(60000ミリ秒)となっていますが、about:configにて[browser.slowStartup.timeThreshold]を表示し、ダブルクリックして表示されるダイアログに任意の秒数(ミリ秒)を入力することでこのしきい値を変更することができます。


06_Firefox 21.0+1.jpg


■Firefoxヘルスレポートを実装。

ヘルプ→Firefoxヘルスレポートより、ご利用のFirefoxの状況を確認することができます。


03_Firefox 21.0.JPG


ここでは使用時間やアドオン、プラグインの導入状況が確認できるほか、日ごとの起動時間をグラフで見ることなどができます。


04_Firefox 21.0+1.jpg


なお、オプション→詳細→データの選択よりこの機能を無効にすることができます。


■新しいタブページで削除されたサムネイルの復元が可能に。


05_Firefox 21.0.JPG


■アドオンSDKローダとAPIライブラリを統合。

■CSS -moz-user-select:noneの振る舞いが -webkit-user-select:none互換へ変更。

■グラフィック性能が向上。

■SpiderMonkeyからE4Xサポートを削除。

■リモートプロファイリングの実装。

■アドオンSDKローダとAPIライブラリをFirefoxに統合。

■<main>要素をサポート。

■style要素のscope 属性を実装。

■ファンクションキーを押した時に機能しないことがある問題を修正。

■閲覧履歴とダウンロード履歴の削除機能を統合。

■いくつかのセキュリティ問題を修正。


以上のような新機能の搭載、および改良などが行われています。


リリースノート(ja)


その他にも様々なバグの修正なども行われていますので、ユーザーは速やかにアップデートされることをおすすめします。


ダウンロード:Firefox 21.0(mozilla.jp)


<関連記事>


■【Firefox 21.0 Beta1】リリース。



posted by moziller at 01:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | Firefox



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
先日、たまに覗きに行くサイトで、動画が以前は視聴できたのに視聴不可になっていました。
「Windows Media Player Firefox Plugin」のインストールを催促するので
リンク先からダウンロードし何度もインストールを試みましたが
Windowsコントロールパネルでは表示されていても
Firefoxアドオンマネージャーのプラグイン項目には表示されません。

「Firefox22はバグだらけ」というブログ記事を読み、それに習い、
確認しながら最新の22から21、更に21から20に落とすと2つのプラグインが復活しました。
「Windows Media Player Firefox Plugin」も復活し動画も視聴可能になっていました。

このプラグインが認識されないと非常に困るので、
この先Ver.20を使い続けなければならなくなってしまう訳ですが
もうこのプラグインは切り捨てられ、二度と認識されないのでしょうか。
Posted by Kon at 2013年07月07日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。