Top 雑記帳 >Pale Moonの日本語化とFirefoxプロファイルの流用方法。
2013年05月02日

Pale Moonの日本語化とFirefoxプロファイルの流用方法。

Firefoxユーザーなら、クローンブラウザ「Pale Moon」の存在はご存じかと思います。

このブラウザは、Firefoxの機能や使い勝手はほぼそのままでWindows用に最適化されたもので、より高速に、軽快にブラウジングができるのが特徴となっています。

この派生ブラウザは英語版で提供されていますが、簡単に日本語化することも可能で、さらに専用のツールを利用することで現在Firefoxで利用中のプロファイルをそのまま流用することができるようになっています。

今回は、そんなPale Moonを日本語化する方法と、Firefoxで使っているプロファイルを丸ごと移行してPale Moonで利用する方法についてご紹介したいと思います。

Pale Moonのダウンロードは、こちらのページの[Download]→Pale Moonより32/64bit版がダウンロードが可能です。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、英語版ではあるものの、Firefoxと全く同じプロセスでインストールを行うことができます。


■セットアップ開始


01_Pale Moon.JPG


■データインポート画面


02_Pale Moon.JPG


起動すると、以下のようにFirefoxとは若干カラーリングやボタンデザインの異なるウィンドウが開きます。


03_Pale Moon+1.jpg


まずは違和感なく利用するため、日本語化してみましょう。

1.日本語化するには、Pale Moonでこちらのページへアクセスし、日本語言語ファイルである[ja.xpi]をクリックし、アドオンと同じ方法でダウンロード/インストールします。


04_Pale Moon.JPG


05_Pale Moon.JPG


2.言語ファイルインストール後、再起動を行い、about:configを開きます。

3.フィルタ部に[general.useragent.locale]と入力します。

4.表示された[general.useragent.locale]をダブルクリックし、表示されたダイアログに[ja-JP]と入力してOKをクリックします。


06_Pale Moon.JPG


5.Pale Moonを再起動すると、メニューなどが日本語化されているはずです。


07_Pale Moon+1.jpg


これで日本語版Firefoxと同じ感覚で利用できますね。

次に、Firefoxで利用しているプロファイルをPale Moonに移行し、今までと同じ状態でブラウジングできるようにしてみましょう。

Pale Moonでは、Firefoxユーザー向けにプロファイルの移行ツールを提供しており、これを利用することで簡単に既存のプロファイルをPale Moonで利用することができるようになります。

このツールを使った移行方法は、FirefoxのプロファイルをPale Moonのプロファイルディレクトリへ[コピー]するだけですので、引き続きFirefoxでもプロファイルの利用が可能です。

プロファイル移行手順は以下の通りです。

1.こちらのページから、[Pale Moon profile migration tool]をダウンロードする。

2.Firefox・Pale Moonともに終了した状態でダウンロードした[pmmig.exe]をダブルクリックしてツールを起動する。


09_Pale Moon+1.jpg


3.表示されたツールには、Firefoxプロファイルの場所(コピー元)、Pale Moonプロファイルの場所(コピー先)が表示されていますので確認します。

ディレクトリ階層を見ればわかるように、このツールではFirefoxに存在する全てのプロファイルが移行されるようになっており、複数プロファイルを切り替えて利用されているような場合、その環境も丸ごと移行されます。

4.ツール内の[Copy profile]をクリックすると、コピーが開始されます。

*現在のPale Moonプロファイルに上書きされる旨の通知が表示されます。


10_Pale Moon+1.jpg


プロファイルの大きさによっては、途中スクリプトエラーなどが表示されますが、そのまま放置しておいてかまいません。(4つのプロファイル、内、1つのプロファイルに30個ほどのアドオンがある環境で15分ほどでした。)

5.以下のように、ツール内に[Completed]と表示されればコピー終了です。


11_Pale Moon+1.jpg


これでPale Moonを起動すると、ブックマークやクッキー、セッション、キャッシュなどFirefoxの環境をそのまま再現することができます。


12_Pale Moon.JPG


Pale Moonに興味を持っているFirefoxユーザーは、こうした方法で環境を移行し、両者を共存させて試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Pale Moon(palemoon.org)


<関連記事>


■Firefoxをベースとしたウェブブラウザあれこれ。



posted by moziller at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
これは有益情報!!早速、連休中に試してみよう。
どれだけ快適になるのか楽しみ。詳細説明感謝です。
Posted by adore at 2013年05月02日 23:02
私も最初はプロファイルデータをコビーしようと思ったんですが(ツールの存在は知らなかったので自分でコピー)、Syncを使えばFirefoxとPaleMoonの間でプロファイルを共有できるのでSyncを利用してます。
Posted by 名無し at 2013年05月02日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。