Top Firefox拡張機能(アドオン) >テキストフィールドにあらかじめ登録した文字列を素早く入力することができるFirefoxアドオン「AutoComplete」
2013年04月25日

テキストフィールドにあらかじめ登録した文字列を素早く入力することができるFirefoxアドオン「AutoComplete」

ウェブページ上には、コメント欄や検索窓、問い合わせフォームなど様々なテキストフィールドが用意されています。

こうしたフィールドには同じようなキーワードを何度も入力することも多く、Firefoxユーザーならこのような作業は定型文入力アドオンなどを使ってサクサク実行されていると思います。

今回は、そんな入力支援系アドオンの中から、登録キーワードを[Ctrl+スペース]でフィールド内へ即座に貼り付けることができる「AutoComplete」というものをご紹介したいと思います。

「AutoComplete」は、ページ上のテキストをコンテキストメニューから定型文として登録したり、専用のウィンドウにて手入力で定型文を登録しておくことで、それらをワンタッチで呼び出し、あらゆるフィールド内に貼り付けることができるというものです。

アドオンをインストールしたら、まずは定型文の登録を行う必要があります。

定型文はウェブ上の文章を登録する方法と、管理ウィンドウに手動で登録する方法があります。

ウェブ上のテキストを定型文として登録したい場合は、テキスト選択後、コンテキストメニューから[Add to AutoComplete]を実行します。


01_AutoComplete Firefox Add-ons.JPG


管理画面を開くには、ページコンテキストメニューから[Manage AutoComplete]を選択、またはアドオンバーの 07_AutoComplete Firefox Add-ons.JPG ボタンをクリックします。


04_AutoComplete Firefox Add-ons.JPG


管理画面には、登録されているテキストが1行ごとに記述されており、登録したいテキストを手入力で打ち込み、[OK]をクリックすることで新規登録できます。


05_AutoComplete Firefox Add-ons.JPG


*削除したい場合は単純に行を削除してください。

定型文登録後、任意のフィールドにフォーカスし、[Ctrl+スペース]キーを押せば、(一つしか登録されていない場合)定型文が瞬時に入力されます。


02_AutoComplete Firefox Add-ons.JPG


定型文が複数ある場合、以下のような選択ウィンドウが開くようになっており、この中の入力したい行をダブルクリックすればその文が入力されます。


03_AutoComplete Firefox Add-ons.JPG


このようなアドオンは、利用時にコンテキストメニューなどから定型文を選択して貼り付けるようなものがほとんどですが、AutoCompleteは登録作業がシンプルで、ショートカットキーによって素早い操作が行えるのが特徴となっています。

長文には向いていないかもしれませんが、ちょっとしたキーワードを素早く入力したいというときに使えるかもしれませんね。


ダウンロード:AutoComplete(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■[autocomplete="off"]を無効にすることができるGreasemonkeyスクリプト「Force AutoComplete」

■検索バーの履歴表示順序を変更することができるFirefoxアドオン「Searchbar Autocomplete Order」

■複数の定型文を選んでフォームに素早く入力できるFirefoxアドオン「MyWords」

■定型文を登録してツールバーからワンクリックで本文に挿入できるThunderbird用アドオン「Quicktext」

■略語+ショートカットキーでテキストエリアに文章を入力できるGoogle Chrome エクステンション「Popchrom」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356571008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック