Top Firefox拡張機能(アドオン) >トラックパッドの左右スワイプでタブを移動することができるようになるFirefoxアドオン「Swipe Tabs」(Mac)
2013年04月11日

トラックパッドの左右スワイプでタブを移動することができるようになるFirefoxアドオン「Swipe Tabs」(Mac)

Macbookのような最近のノートPCに付いているトラックパッドは、一昔前と比べてかなり使い物になるようになっています。

このような環境に合わせ、Firefoxでもトラックパッドによる様々なジェスチャ操作が可能となっています。

Firefoxの場合、2本指でのスワイプでページを戻る/進むことや、ピンチ操作によるズームなどが可能となっており、Macbookでトラックパッドをメインデバイスとして使っている方はこうした操作を軽快に行っていることと思います。

今回は、そんなトラックパッドの操作性をちょっとカスタマイスすることができるFirefoxアドオン「Swipe Tabs」というものをご紹介したいと思います。

上述のように、Firefoxではトラックパッドの左右スワイプによってページを戻る/進むことができるようになっていますが、このアドオンをインストールすると、左スワイプで前(左)のタブへ、右スワイプで次(右)のタブへ移動することができるようになります。

また、コマンドキーを押したまま左右にスワイプすると、デフォルトアクションの進む/戻る操作が可能となっており、従来の機能を損なうことなくスワイプアクションでタブの前後ができるようになります。

このようなアクションは、about:configの設定により好みの動作に書き換えることができるようになっており、その詳細についてはまた機会があれば記事にしたいと思いますが、Swipe Tabsの導入によって、ジェスチャ設定の一部が以下のように書き換えられているのが確認できます。


01_Swipe Tabs Firefox Add-ons.JPG


このように、Firefoxでのトラックパッド操作をちょっと便利にしてくれるというアドオンです。

Macをトラックパッドメインで操作しているFirefoxユーザーは、導入してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Swipe Tabs(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■リンクにマウスを1.5秒乗せるとそのリンクを新規タブで開くことができるGreasemonkeyスクリプト「AutoClick」

■テキストを選択してマウスジェスチャするだけで翻訳できるFirefoxアドオン「Gesture Translate」

■Firefoxのコンテキスメニューをマウスジェスチャツールのように操作できるアドオン「RadialContext-mz」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354693577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック