Top Firefox拡張機能(アドオン) >Click to Play機能のサイト別パーミッションを管理することができるようになるFirefoxアドオン「Click-to-Play Manager」
2013年03月01日

Click to Play機能のサイト別パーミッションを管理することができるようになるFirefoxアドオン「Click-to-Play Manager」

FirefoxでClick to Play機能を有効にしている場合、プラグインを実行するページではコンテンツをクリックするまでプラグインが再生されないようになります。

この挙動はパーミッションを指定することで変更することができるようになっており、特定のサイトではデフォルトでプラグインが再生されるようにすることもできるようになっています。

このように、Click to Play機能有効時に特定のサイトでプラグインの実行を許可したい場合は、ファビコンをクリックしてページの情報を表示してプラグインパーミッションを変更するか、サイトのロケーションバー左端のアイコンをクリックして表示されるダイアログから「このサイトでは常にプラグインを有効にする」を選択することで、今後そのサイトではプラグインが自動的に実行されるようになります。


01_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons.JPG


しかし、このように一度「ホワイトリスト」へ入れてしまったサイトを元のようにクリックして再生するように変更したい場合は、ページ情報→サイト別設定→プラグインセクションを開いて設定を変更する必要があり、複数のサイトを許可しているような場合は設定を元に戻すのも大変です。


02_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1.jpg


Firefoxに「Click-to-Play Manager」というアドオンをインストールしておけば、こんな時でも簡単に"許可"したサイトを管理することができるようになります。

「Click-to-Play Manager」は、Click to Playで「常に許可する」ようパーミッションを変更したドメイン一覧を専用ウィンドウにリストアップし、そこから許可の取り消し、および新しいサイトの登録などを行うことができるようになるというものです。

アドオンをインストールすると、Appボタン→web開発以下、またはツールメニュー内に[Click-to-Play Manager]という項目が追加されます。


03_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1.jpg


これをクリックすると専用のウィンドウが開き、現在Click to Playのパーミッションが「常に許可」されているサイト一覧が表示されます。


04_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons.JPG


ここで目的のサイトを選択し、[Remove]をクリックすれば、パーミッションをデフォルト状態の「毎回確認する」に戻すことができるようになります。


06_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons.JPG


また、[Add]ボタンをクリックして表示されるダイアログに直接サイトURL(ドメイン)を入力することで、「常に許可」するサイトをダイレクトに登録することも可能です。


05_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons.JPG


このように、Click to Play機能の「ホワイトリスト」を簡単に管理することができるというアドオンです。

さらにウィンドウ上部の[File]メニューからは、以下のような操作を行うことも可能となっています。


08_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1.jpg


■Import/Export

Exportをクリックして表示されるリストから選択したサイトをテキストファイルとしてエクスポートすることができます。


09_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1.jpg


Importをクリックしてこのテキストファイルを選択すれば、ホワイトリストを復元したり、他のPCでリストを利用したりすることができます。


■Generate Installer

ホワイトリスト一覧を他のPC(このアドオンがインストールされていなくてもかまいません)で取り込むためのxpiファイルを生成できます。

実行すると、以下のようなダイアログが開きますので、リストに加えたいドメインを選択(複数可)してタイトル、説明文を入力します。


10_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1+1.jpg


[Generate]ボタンをクリックするとxpiファイルが生成され、保存場所を聞いてきますので、任意の場所に保存します。


11_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1.jpg


このファイルを「Click-to-Play Manager」がインストールされていない他のプロファイルや、別のPCのFirefoxにドラッグ&ドロップすると、アドオンインストール時と同じダイアログが表示されますので、いつものように「インストール」を行います。

インストールを行うと表示されるダイアログでOKをクリックすれば、ホワイトリストが他の環境でも有効となります。

*このダイアログに表示される文章が生成時に記入する「説明文」(警告文)です。


12_Click-to-Play Manager Firefox Add-ons+1.jpg


*OKクリックと同時に「アドオン」は消去されますので、アドオンマネージャには何も残りません。

*導入したリストを利用するには、インストールした環境でabout:configを開き、[plugins.click_to_play]の値を[true]にしておく必要があります。

このように、click to playの”ホワイトリスト”を管理するだけでなく、それらを他の環境でも利用できるようになるという便利なアドオンです。

プラグイン問題が続発している今、click to playを有効にされている方も多いと思いますが、そんな方は、このアドオンを使ってプラグインの再生をコントロールしてみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Click-to-Play Manager(Add-ons for Firefox)[再起動不要]


<関連記事>


■Google Chromeで[Click to play]機能を有効にする方法。

■Firefox 14の[Click to play]機能をツールバーボタンでON/OFFできるアドオン「Click to play switch」

■Mozilla Javaの脆弱性を受けてFirefoxの[Click To Play]を有効化。

■MozillaがFirefoxのサードパーティプラグイン読み込み方法変更について告知。

■サイトごとに利用する拡張機能を指定することができるGoogle Chrome 拡張機能「Extension Automation」

■Mozillaが最新バージョンを含む最近のJavaプラグインをすべてブロックリストへ追加。




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。