Top Mozilla情報 >Mozilla Application Suite後継「SeaMonkey 1.1」リリース。
2007年01月22日

Mozilla Application Suite後継「SeaMonkey 1.1」リリース。

今やFirefox、Thunderbirdに代表されるMozillaのアプリケーションですが、他にもカレンダーソフトである、「Sunbird」や、音楽プレーヤー「Songbird」など、多彩なアプリケーションが揃っています。

ブラウザでは、そもそも「Mozilla」というSuiteがあり、ブラウザ単体というよりは総合アプリケーションという位置づけでした。

ブログランキング

その、Mozilla Application Suiteの概念は、「The SeaMonkey Project」と呼ばれるMozilaから独立したプロジェクトに引き継がれ、今日も開発が続いています。

今回、その総合アプリケーション「SeaMonkey1.1」がリリースされました。

「SeaMonkey1.1」は、Navigator (Web browser)、Mail & Newsgroups、Composer (HTML authoring tool)、JavaScript Debugger、IRCクライアント(ChatZilla)などからなるWEB統合アプリケーションで、対応OSは、Windows、Mac、Linux、で、英語版となっています。
(他に、スペイン語、ロシア語、ドイツ語などの言語パックも用意されています、また、アンオフィシャルながら、日本語版も作られています。)

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすればインストール開始です。

Nextで進み、規約に同意し、インストール方法を選択します。

インストールする方法は、一番上がブラウザのみの最小限インストール、次が搭載アプリケーションすべてのインストール、一番下が機能や、インストール先を指定できるカスタムインストールとなっています。

seamonkey_01.jpg

インストール完了後、このようなMozillaなブラウザスタイルで起動します。

seamonkey_02.jpg

ブラウザ自体はごく一般的な作りで、英語版でも特に難しいところは見受けられません。

ツールメニューの”Window”をクリックすると、SeaMonkeyの”売り”であるSuiteな機能を呼び出すことができます。

seamonkey_03.jpg

上から、ブラウザ、メール&ニュースクライアント、HTMLエディタ、アドレス帳、IRCクライアント(ChatZilla)となっています。

■Navigator (Web browser)→上の画像

■メール&ニュースクライアント

seamonkey_04.jpg

■HTMLエディタ

seamonkey_05.jpg

■アドレス帳

seamonkey_06.jpg

■IRCクライアント(ChatZilla)

seamonkey_07.jpg

ブラウザのエンジンにはFirefox2のものが使われており、メールクライアントにはThunderbirdのソースコードが流用されており、その他の機能も、英語であることを除けばシンプルでわかりやすいものばかりです。

日本語版でも出れば、容量の少ないノートPCなどで使うのにいいかもしれませんね。
posted by moziller at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla情報



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック