Top Firefox拡張機能(アドオン) >表示させたくないサイトはブロック!「BlockSite」
2007年01月03日

表示させたくないサイトはブロック!「BlockSite」

WEBブラウジングをしていると、見たくないサイトや2度と訪問したくないサイトに出会うこともあります。

セキュリティソフトなどで有害サイトに指定してアクセスできないようにする方法もありますが、たびたび設定するには面倒ですね。

ブログランキング

そんなときは拡張機能「BlockSite」を使ってみましょう。

Firefoxでブラウジングしているとき限定になりますが、リストにURLを追加するだけでそのサイト(ページ)にアクセスしても何も表示されなくなります。
(エラーメッセージなども出ません)

アドオン設定画面では、BlackListとWhiteListの設定ができ、文字通りブラックはアクセス禁止、ホワイトはアクセス可能なURLというわけです。

気に入らないサイトがあれば、設定画面でEnable BlockSiteにチェックを入れ、Addボタンを押してURLを入力、OKボタンを押せばブロックが有効になります。

blocksite_01.jpg

URLは、http://*site*などのようにワイルドカードで○○を含むという指定もできます。

また、Inportで、テキストファイルに記述されたURLリストを一括して登録することもできます。

機能をOFFにするには、Enable BlockSiteのチェックを外すか、Removeボタンで一覧から削除すれば再度表示されるようになります。

Firefoxでアクセスする場合のみ有効とはいえ、簡単操作で有害サイトや見たくないサイト、見せたくないサイトを手軽にブロックできるのがいいですね。



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30769729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック