Top Firefox >Firefox 16.0にセキュリティ面での脆弱性が見つかる。
2012年10月11日

Firefox 16.0にセキュリティ面での脆弱性が見つかる。

先日リリースしたばかりのFirefox 16.0に、セキュリティ面での脆弱性が見つかったとMozilla Security Blogの記事が報じています。

現時点では本脆弱性を悪用した被害は報告されていないとのことですが、ユーザーは近日リリースされる16.0.1を待つか、15.0.1にダウングレードするなどの措置が提案されています。

今回見つかったFirefox 16.0の脆弱性は、「悪意のあるサイトによって、ユーザが訪れたことのあるサイトの URLやURLパラメータを判別される潜在的可能性があるという問題」というものです。

現時点で本脆弱性を利用した被害などは出ていないと記述されていますが、MozillaはFirefox 15.0.1へ一時的にダウングレードするか、本脆弱性を修正して一両日中にリリースされる予定の「Firefox 16.0.1」を待つようにとアナウンスしています。

気になるユーザーは念のためダウングレードなどを行うことをおすすめします。

なお、すでにFirefox公式サイトでは15.0.1のダウンロードしかできないようになっています。

ダウングレードを行うにはいつものように公式から15.0.1をダウンロードした上でセットアップを行ってください。


参考記事:Firefox 16 のセキュリティ脆弱性について


ダウンロード:Firefox 15.0.1(Mozilla.jp)


<関連記事>


■【Firefox 16.0】正式版リリース。

posted by moziller at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Firefox



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296879159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック