Top Google Chrome >サイトごとに利用する拡張機能を指定することができるGoogle Chrome 拡張機能「Extension Automation」
2012年08月21日

サイトごとに利用する拡張機能を指定することができるGoogle Chrome 拡張機能「Extension Automation」

Google Chromeに多くの拡張機能を入れている場合でも、あるサイトではいくつかの拡張機能を無効にしたいというようなことがあります。

このような時、目的のサイトにアクセスしてから望んでいない拡張機能を無効にするという作業を行う必要がありますが、このようなことを毎回していては面倒で仕方ありませんね。

拡張によっては独自のホワイトリスト・ブラックリストを持っているものもありますが、そのような機能を持っていない拡張も、サイトごとに有効/無効を自動的に切り替えることができるようになればかなり便利ですね。

そんな機能をGoogle Chromeに与えてくれる拡張機能が「Extension Automation」です。

「Extension Automation」をインストールすると、特定のサイトを表示した際に特定の拡張機能を無効にしたり、有効にしたりということが簡単に設定できるようになります。

拡張をインストールすると、ツールバーに専用のボタン 01_Extension Automation Google Chrome extension.JPG が設置されます。

このボタンをクリックすると以下のようなポップアップが開き


02_Extension Automation Google Chrome extension.JPG


○拡張機能の有効/無効
○有効/無効にしたい拡張機能の選択
○対象となるサイトURL(アクティブタブのドメインが自動入力されています。)

が選択できるようになります。

たとえば拡張機能を[Disable]にして[Adblock Plus]を選択し、[mozilla-remix.seesaa.net/]を確認して[Enter]ボタンをクリックすれば、今後Mozilla Re-Mixでは[Adblock Plus]が機能しなくなります。

逆に特定のサイトだけで特定の拡張機能を動作させるようなことも可能となっており、これらを細かにセッティングすることでサイトごとに使う拡張、使わない拡張を決めることができるようになります。

ポップアップ内の[Settings]をクリックすると設定画面が開き、ここからURLの手動入力によるフィルタリングや現在設定されているフィルタ一覧の参照を行うことができます。


04_Extension Automation Google Chrome extension+1+1.jpg


フィルタ一覧には、無効化されている拡張のアイコンに赤い斜線が引かれ、有効化されている拡張のアイコンは普通に表示されており、右側にそれぞれ対象となるドメインが表示されています。

各ドメインにマウスを乗せると[×]ボタンが表示されますので、これをクリックすることで一覧から削除することが可能です。


05_Extension Automation Google Chrome extension.JPG


このように、サイトに応じて使う拡張機能を設定することができるようになるというものです。

大量の拡張機能をインストールしている方や、不要時には拡張を無効化して動作を軽くしたいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Extension Automation(chrome ウェブストア)


<関連記事>


Google Chromeの拡張機能を迅速かつ高度に管理できるエクステンション「Extensions Manager」

複数のFirefoxアドオンをまとめて有効・無効化できるアドオン「Multiple Addon Deactivator」

Firefoxのプラグインを簡単に有効/無効化できるアドオン「Plugins Toggler」

posted by moziller at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Chrome



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック