Top Firefox拡張機能(アドオン) >選択テキストの文字数カウント、およびGoogle検索を実行できるFirefoxアドオン「Count Words」
2012年08月10日

選択テキストの文字数カウント、およびGoogle検索を実行できるFirefoxアドオン「Count Words」

自分が書いた文章や記事が引用され、コピペサイトなどで無断再利用されるというのは非常に気分が悪いものです。

こうした盗用でかなりの人が被害に遭っていると思いますが、そのほとんどはチェックされずそのままになっているのが現状ではないでしょうか。

著作権者がこのような情報を調べるには、書いた文章の一部をGoogleで検索するのが手っ取り早い方法ですが、これも毎度のこととなればちょっと面倒ですね。

このようなことから、とりあえず何かの拍子に気が付くまで放置されているという方も多いのではないでしょうか。

Firefoxに「Count Words」というアドオンをインストールしておけば、このような記事の盗用・引用を簡単にGoogleでチェックすることができるようになります。

「Count Words」は、サイト上で選択されたテキストの文字数・単語数をチェックする機能を基本として、さらにその選択文をGoogleで検索することができるようになるというアドオンです。

アドオンをインストールすると、アドオンバーに専用のボタン 01_Count Words Firefox Add-ons.JPG が設置されます。

このボタンをクリックすると、2つのメニューが表示されるようになっています。


02_Count Words Firefox Add-ons.JPG


テキスト選択後にこのメニューから[Count Words]を実行すると、選択文内の単語数と文字数がポップアップ表示されるようになります。


03_Count Words Firefox Add-ons+1.jpg


また、同メニューより[R there copies]を実行すると、選択文をGoogleで検索し、その文章がどこかで利用されていないかをチェックすることができるようになります。


04_Count Words Firefox Add-ons+1.jpg


*文字数カウントで表示されるポップアップ内の[Search copies in Google]をクリックすることでも同様の検索が可能です。

*Google検索の最大入力文字数は32文字ですので、それ以下の文字数を選択して実行してください。

このように、自分の文章が盗用されていないか、コピペサイトで使い回されていないかを簡単に調べることができるようになります。

文字数制限のあるサービスにコピーした文章を投稿することがある方、自サイトの記事がどのように利用されているかを知りたいという方には便利なアドオンですね。


ダウンロード:Count Words(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■選択テキストの文字数をカウントしてくれるFirefoxアドオン「Count Word n Character」

■Firefoxで入力した文字数を原稿用紙に換算して集計できるFirefoxアドオン「Outputz」

■テキストエリアにマウスを乗せるだけで入力文字数を確認できるGreasemonkeyスクリプト「Show Character Count onMouseOver」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック