Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxの未読タブ数をツールバーボタンに表示することができるアドオン「UnreadTabTracker」
2012年07月28日

Firefoxの未読タブ数をツールバーボタンに表示することができるアドオン「UnreadTabTracker」

Firefoxで多くのタブを開いていると、その内どのタブが未読なのかがよくわからなくなってくることがあります。

タブの色や透明度でそれを判別することができるユーザースタイルやアドオンを使っていればある程度判別はできますが、こうしたツールを使ってもタブがオーバーフローしているような場面ではあまり役に立たないこともありますね。

Firefoxには、タブの一覧をリスト表示する機能が備わっていますが、これと同じような感覚で未読タブだけを扱うことができれば、未読タブの判別・選択共にもう少し楽になるかもしれませんね。

そんな機能をFirefoxに与えてくれるアドオンが「UnreadTabTracker」です。

「UnreadTabTracker」をインストールすると、ツールバーカスタマイズにより専用のボタン 01_UnreadTabTracker Firefox Add-ons.JPG が設置できるようになります。

このボタンは通常時には上のように緑の背景に[0]が表示されていますが、未読タブがある場合はその数に応じて配色と数値が変化 02_UnreadTabTracker Firefox Add-ons.JPG するようになっています。

これにより、未読タブ数がいくつあるのかが視覚的にわかるようになります。

また、未読タブ存在時にこのボタンをクリックすると、未読タブだけが抽出されたリストが開くようになっており、ここから読みたいタブをクリックしてアクティブにすることが可能です。


03_UnreadTabTracker Firefox Add-ons+1.jpg


*リストには開いた順で未読タブが表示されます。

*未読タブの件数が9件を超えると 04_UnreadTabTracker Firefox Add-ons.JPG のように省略表示されますが、リストには存在する未読タブが全て表示されます。

このように、未読タブ用の「タブ一覧」が利用できるようになるというアドオンです。

多くのページをとりあえず新規タブで開いておくことが多いような方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:UnreadTabTracker(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxのタブに状態によって色が変化する下線を表示するユーザースタイル「Tab Color Underscoring」

■Firefoxでタブ復元時にまだ読み込まれていないタブを半透明化する方法。

■古いタブを閉じて指定数以上のタブを開かないようにできるFirefoxアドオン「CleanupTabs」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック