Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxのタブをオーバーフローさせずに左右へスタックさせることができるアドオン「Tab Stacking」
2012年07月02日

Firefoxのタブをオーバーフローさせずに左右へスタックさせることができるアドオン「Tab Stacking」

Firefoxで多くのタブを開いている場合、ウィンドウ幅に収まりきらないタブはオーバーフローして左右に隠れてしまい、ちょっと使いにくくなってしまうことがあります。

Operaの場合はタブスタッキング機能が装備されており、このような場面でもタブを重ねて必要時に表示させるようなことができることから、大量のタブを開いている時でも扱いやすいという特徴を持っています。

Firefoxでもこのようなタブコントロール機能が欲しいという方は、NOverflowのようにタブの幅を随時調整して、タブが極力オーバーフローしないようにするものや、先日紹介したTab Utilitiesのようにタブをスタックさせることができるようなものを使うことで似たようなアクションを手に入れることができます。

今回はそんなタブユーティリティ系アドオンの中から、タブをオーバーフローさせずに左右へ縮小してスタックすることができるというアドオン「Tab Stacking」というものをご紹介したいと思います。

「Tab Stacking」は、Firefoxで多くのタブを開いていてその数がウィンドウ幅を超えたとき、タブをオーバーフローさせて隠さずに左右へ縮小してスタックし、より多くのタブを1段のタブバーへ表示させることができるというものです。

Firefoxで多くのタブを開くとウィンドウに収まりきらないものは左右に隠れ、スクロールしなければ表示されないようになってしまいますが・・


01_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


「Tab Stacking」インストール後は、以下のようにオーバーフローするはずだったタブがファビコン(より若干小さめの)サイズとなり、端へスタックされるようになります。


02_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


03_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


スタックされているタブをクリックしてアクティブにすると通常サイズとなり、それによりオーバーフローしそうなタブは左右に同じくスタックされます。


04_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


05_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


Operaのようにいくつかのタブを重ね合わせて1つのタブのようにするというわけではありませんが、これだけでもかなり多くのタブを限られた幅の中に表示できるようになるのではないでしょうか。

*ウィンドウ幅にもよりますが、50や60のタブを開くといずれはオーバーフローしてしまいます。

なお、オプション設定では通常タブの幅、スタックタブの最小、最大幅をpxで指定できるようになっていますので、うまく調整すればかなりのタブを表示させることができるようになるはずです。


06_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


ちなみにスタックタブの最小幅を26pxにすれば、ほぼファビコンサイズでタブが表示されるようになります。


07_Tab Stacking Firefox Add-ons.JPG


タブスタッキング機能と似たような機能をFirefoxに求めている方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Tab Stacking(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Operaのタブスタッキング機能をFirefoxでも使うことができるアドオン「Tab Utilities 1.2pre18」

■タブがオーバーフローしないように幅を自動調整してくれるFirefoxアドオン「NOverflow」

■Operaだけが持っている10個の便利な標準機能。

■Firefoxのタブ操作を自在にカスタマイズできる軽量アドオン「Tab Utilities」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック