Top 雑記帳 >【Opera 12.0 RC】リリース。
2012年06月09日

【Opera 12.0 RC】リリース。

開発中のOpera 12.0のリリース候補版【Opera 12.0 RC】が公開されました。

本バージョンではパフォーマンスの向上をはじめ、ハードウェアアクセラレーション、独自プロセスによるプラグイン起動などの新機能が搭載されています。

Opera 12.0RCの主な改良点・新機能などは以下の通りです。

■起動、タブ読み込みなどに関するパフォーマンスを大幅に向上。

■プラグインパフォーマンスの向上:Firefox同様、プラグインが別プロセスになっています。タスクマネージャで確認すると、[opera_plugin_wrapper.exe]というプロセスが存在するのが確認できます。

■ハードウェアアクセラレーション:デフォルトでは無効になっていますが、アドレスバーに[opera:config#UserPrefs|EnableHardwareAcceleration]と入力し、表示されたオプションの値を[1]に変更することで有効にできます。また、ご利用の環境でハードウェアアクセラレーションが利用できているかどうかは、アドレスバーに[about:gpu]と入力することで確認できます。


01_Opera 12.0RC.JPG


■その他UIや動作に関する多数のバグを修正。

以上のような改良が行われています。

本バージョンは、Windows32/64ビット、およびMac、Linuxなどすべてのプラットフォームに対応していますので、興味のある方は下記の公式ブログからダウンロードし、試用してみてください。


ダウンロード:Opera 12.0 RC(Opera Desktop Team)


<関連記事>


■【Opera 12.0 Beta】リリース。

■FirefoxにOperaのような特徴を加えることができるアドオン「Classic Opera」

■Opera 10.50をほんの少し使ってFirefox 3.6と比べてみました。

posted by moziller at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。