Top Firefox拡張機能(アドオン) >FirefoxにOperaのような特徴を加えることができるアドオン「Classic Opera」
2012年04月05日

FirefoxにOperaのような特徴を加えることができるアドオン「Classic Opera」

最近は数多くの優秀なブラウザがあり、ユーザーはそれらの中から気に入ったものを選んだり、併用してブラウジングを楽しむことができます。

しかし、これらはそれぞれ独特の特徴を持っており、乗換えや併用時に操作性が違うことで戸惑うこともあると思います。

こんなとき、以前使っていたブラウザの機能やアクションが乗り換えたブラウザでも使うことができれば、スムーズにブラウジングできるのではないでしょうか。

Firefoxには、このような操作性に関する項目をカスタマイスズすることができるアドオンが多数ありますが、今回はそんな中から、FirefoxにOperaのような機能やアクションを追加してくれる「Classic Opera」というものをご紹介したいと思います。

「Classic Opera」は、インストールするだけでFirefoxのUIや操作、アクションをOperaライクなものに変更することができるというものです。

Classic Operaをインストールすると、Firefoxに以下のようなOperaライクな機能・アクションが追加されます。

■全てのタブを閉じることができる。
■アクティブなタブをクリックすると、その前に選択していたタブをアクティブにする。
■タブをShift+クリックすることでタブを閉じる。
■タブを閉じるとその前に選択していたタブをアクティブにする。
■ロケーションバーに検索エンジンキーワードの1文字目+[スペース]+キーワードで検索を実行する。
■タブバーの真下にロケーションバーを移動。


02_Classic Opera Firefox Add-ons.JPG


■タブバーの上にブックマークツールバーを移動。


03_Classic Opera Firefox Add-ons.JPG


■タブコンテキストメニューに「全てのタブを閉じる」を追加。


01_Classic Opera Firefox Add-ons.JPG


■キーボードショートカット[Z]で戻る、[x]で進むことができます。
■リンクコンテキストメニューに「新しいバックグラウンドのタブで開く」を追加。


04_Classic Opera Firefox Add-ons.JPG


■タブのサイズを若干コンパクトにします。
■リンクをShift+クリックすれば、リンク先を新しいタブで開きます。
■リンクをCtrl+Shift+クリックすれば、リンク先を新しいバックグラウンドのタブで開きます。

以上のように、バー関連の配置やサイズ、タブやリンクに関するアクションがOperaライクなものとなります。

ほとんどはTabMixPlusなどでカスタマイズできる項目ですが、メインブラウザがOperaの方や、Operaから乗り換えた方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Classic Opera(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■FirefoxのステータスバーにOperaライクなローディング情報を表示するアドオン「Extended Statusbar」

■Opera 10.50をほんの少し使ってFirefox 3.6と比べてみました。

■Operaのスピードダイヤル機能を無効にする方法。

■Opera プレリリース版を配布する新チャンネル「Opera Next」を公開。






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。