Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefox起動時に復元したいタブを選択することができるようになるアドオン「Select Tabs to Restore」
2012年03月21日

Firefox起動時に復元したいタブを選択することができるようになるアドオン「Select Tabs to Restore」

Firefoxがクラッシュして再起動を行った場合、「セッションの復元」というタブが開き、クラッシュ時に開いていたタブから復元したいものを選択してから起動することができるようになっています。

しかし、通常の起動時や再起動時にはこのような選択ウィンドウは表示されず、全てを復元して起動するか、ホーム・空白ウィンドウなどを開いた状態で起動するしかありません。

多くのタブを開いた状態でFirefoxを通常終了した場合、次回起動時に前のセッションで開いていたタブを復元したいことはよくあることですが、この時全てのタブを参照したいとは限りません。

そんな時、クラッシュ復帰時と同じようなダイアログを表示することができれば無駄なタブを開かなくても済みますね。

そんな機能をFirefoxに与えてくれるアドオンが「Select Tabs to Restore」です。

*このアドオンを利用にするには、Firefoxオプション→一般→Firefox を起動するとき」→「前回終了時のウィンドウとタブを表示する」にしておく必要があります。


01_Select Tabs to Restore Firefox Add-ons.JPG


「Select Tabs to Restore」をインストールすると、Firefox起動時、または再起動時に、前回開いていたタブの選択画面が表示されるようになり、ここでチェックを入れたタブだけを開くことができるようになります。


02_Select Tabs to Restore Firefox Add-ons.JPG


Firefox 11は起動時に読み込むタブの数を指定したりすることはできますが、これがあれば、読み込み以前に多くのタブを開かなくて済みます。

起動時に無駄なタブを大量に開くことなく、必要なタブだけを参照するようにしたいという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Select Tabs to Restore(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxで使っていないタブの読み込みを中止してリソースを節約できるアドオン「UnloadTab」

■同時に読み込むタブの数を制限できるFirefoxアドオン「Load Tabs Progressively」

■Firefoxで一定時間使用されていないタブを破棄してメモリを解放するアドオン「Dormancy」

■Firefox 4.0(Beta)でセッションリストア時のタブ読み込み数を変更する方法。

■開いているタブをセッション単位でブックマークのように保存・呼び出しできるFirefoxアドオン「Linkwad」

■タブごとにセッション履歴を表示してページを移動することができるFirefoxアドオン「Tab Session History」(3.0対応)

■Firefox起動時に指定したURLをピン留めタブで開くことができるアドオン「StartupApps」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック