Top Mozilla-Tip's >Firefox 11でGoogleの高速プロトコル「SPDY」通信を行う方法。
2012年03月16日

Firefox 11でGoogleの高速プロトコル「SPDY」通信を行う方法。

Firefox 11は、開発者向け機能のひとつとして、ページの読み込みを高速化するSPDYプロトコルに対応しています。

このプロトコルで通信を行えばページの読み込みが高速化されることが期待できますが、Firefoxデフォルトでこの機能は有効になっておらず、ユーザーが手動で有効にしてやる必要があります。

SPDYプロトコル通信とは、Googleが提唱するhttpを補う高速通信プロトコルで、2009年にその概要が発表されたものです。

このプロトコルを使えばページ読み込み速度が(目標値)50%高速化されるというもので、すでにGmailやGoogle カレンダー、Google ドキュメント、Twitterなどがこのプロトコルを使った通信に対応しています。

サイトが採用していてもブラウザが未対応では効果はありませんが、Firefox 11からは以下の設定を行うことでこのSPDY通信が可能となります。

1.about:config を開く。

2.フィルタ欄に[network.http.spdy.enabled]と入力する。


01_network.http.spdy.enabled.JPG


3.表示された[network.http.spdy.enabled]をダブルクリックし、値を[true]に変更する。


02_network.http.spdy.enabled.JPG


これでSPDYプロトコル通信が可能なサイトで高速通信が可能となります。

しかし、これだけではどのページが高速通信しているのかがわかりにくいですね。

SPDY通信を行っていることを視覚的にわかるようにしたいという方は、「SPDY indicator」というアドオンをインストールすることで、SPDY通信時にロケーションバーへ特殊なアイコンを表示することができるようになります。

SPDYを有効にし、「SPDY indicator」をインストール後、たとえばGmailなどのSPDY通信可能なサイトを開くと、ロケーションバー右側に以下のようなアイコンが表示されるようになります。


03_network.http.spdy.enabled.JPG


これで「ああ、高速通信中だな・・」とわかるようになるわけです。

そう多くのサイトが採用しているわけではありませんが、より高速なページローディングを求めていらっしゃる方は、設定しておいてはいかがでしょうか。

なお、Google Chromeではこの機能がすでに有効となっており、オムニバーに[chrome://net-internals/#spdy]と入力してEnterキーを押すことで、SPDY通信の状態を確認することができます。また、Google Chrome用の「SPDY indicator」もリリースされていますので、こちらもお試しください。


ダウンロード:SPDY indicator(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■【Firefox 11.0】正式版リリース。

■サイトにIPv6で接続しているかどうかを確認することができるFirefoxアドオン「SixOrNot」

posted by moziller at 17:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mozilla-Tip's



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいております。

SPDY、すごいですね。私の環境ではFirefoxとは思えない速度になりました(笑)ブラウジングがこんなにも快適になるとは…ありがとうございます。

これからも記事を楽しみにしています。
Posted by 尾崎 at 2012年03月17日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258035444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック