Top 雑記帳 >Operaのスピードダイヤル機能を無効にする方法。
2012年03月02日

Operaのスピードダイヤル機能を無効にする方法。

Operaで新規タブを開くと、スピードダイヤルが起動するようになっています。

この機能を使えば、ブックマークを開くことなくお気に入りサイトにアクセスできて便利ですが、ユーザーの中にはこんな機能は必要ない、普通に空白タブを開きたいという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、Operaのオプション設定画面内にはこの機能を無効にするオプションは備わっておらず、一般ユーザーは基本的に新規タブ=スピードダイヤルというスタイルでの利用しかできません。

そこで今回は、このスピードダイヤル機能を無効にする方法をご紹介したいと思います。

ご存じの方も多いと思いますが、OperaでもFirefoxのabout:configライクな[opera:config]という詳細設定画面を呼び出し、オプション設定に無い設定項目の変更ができるようになっています。

今回は、その[opera:config]から該当箇所のパラメータを変更します。


1.アドレスバーに[opera:config#UserPrefs|SpeedDialState]と入力後Enterキーを押し、「設定ファイルエディタ」を開く。


01_Disable Opera Speed Dial.JPG


2.表示された[SpeedDialState]の数値を[3]に変更し、設定ページ最下部の[保存]ボタンをクリックする。


002_Disable Opera Speed Dial.JPG


これでスピードダイヤル機能が無効となり、新規タブが空白で開かれるようになります。

なお、このパラメータは4種類あり、数値を変更することで以下のような設定にすることができます。


03_Disable Opera Speed Dial.JPG


0:新規タブに空白ページを開き、ページ右下の[Speed Dialを表示する]をクリックすることで、スピードダイヤルが表示されるようになります。なお、ここで[Speed Dialを表示する]をクリックすると、以降はデフォルトでスピードダイヤルが表示されるようになります。


04_Disable Opera Speed Dial.JPG


1:デフォルト設定

2:スピードダイヤルを読み込み専用モードで表示。これを選択した場合スピードダイヤルは表示されますが、削除などの編集作業ができなくなります。

3:スピードダイヤルを無効にする。

Operaのスピードダイヤル表示設定を変更したい方は、試してみてはいかがでしょうか。


<関連記事>


■Opera9.2の”スピードダイヤル”機能をFirefoxでも使えるアドオン「Speed Dial」

■Firefoxの新規タブにスピードダイヤルや履歴などを表示できるアドオン「FVD Speed Dial」

■【Opera11.10】リリース。Speed DialやOpera Turboを改良。

■Google Chromeのように、新規タブによく利用するサイト一覧を表示できるFirefoxアドオン「New Tab JumpStart」

posted by moziller at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック